鼻中隔延長術

鼻中隔延長で鼻先の丸み、団子鼻を解消し、鼻のコンプレックスを速やかに取り除く

鼻が短いからもう少し長くしたい、正面からみて鼻の穴が目立つため鼻の角度を下げたい、そんな鼻の悩みを持っている方はいませんか?その悩みは鼻中隔延長の手術で改善することができます!
鼻が短かったり小さかったすると顔とのバランスも悪くなってしまいますし、正面から見た時に鼻の穴が見えやすくなってしまいます。鼻の穴が目立つといわゆるブタ鼻の印象が増してしまうのです。
鼻中隔延長の手術では、鼻先を延長したり上向きの鼻を解消できることに加えて高さを出したりシャープにすることも可能です。鼻先を延長したり角度を少し変えるだけで顔の印象はだいぶ変わってきます。
鼻が短い、角度を下げたい、そんな悩みを抱えている方は、鼻中隔延長で鼻先の長さや角度を調整して形を整えて綺麗な鼻を目指しましょう。

鼻中隔延長術とは

鼻中隔延長とは、鼻中隔に軟骨を付け足して延長し、短い鼻や上向きの鼻を改善する手術です。
鼻中隔とは鼻の穴を左右に仕切る軟骨のことです。鼻中隔の先端に自分の軟骨を移植して長さを調整したり角度を変えたりして形を整えます。鼻先の長さや角度、大きさなどを自由にデザインできるため、鼻尖縮小や隆鼻、鼻翼縮小などの手術と組み合わせると、さらにバランスの良い鼻をつくることができます。
鼻中隔を延長させることで、鼻柱が長くなり鼻の穴の形が細長くなります。さらに、横に広がった小鼻も少しすっきりと改善することもできるのです。鼻中隔延長をすることで長さや角度を変えるだけでなく、鼻全体がすっきりとし綺麗な形に仕上がります。
鼻尖形成の手術では効果が実感できなかったという方にも鼻中隔延長はおすすめです。

鼻中隔延長術の方法

鼻中隔延長を行うために必要な材料として、自分の軟骨を使用します。
軟骨を採取する部位が3箇所あり、鼻中隔軟骨、耳介軟骨、肋軟骨のこの3つの中から選び使用します。ただし、基本的には鼻中隔軟骨を用います。

・鼻中隔軟骨
鼻の穴の奥にある軟骨です。鼻中隔軟骨は平らでしっかりとした硬さがあり、延長には使いやすいのですが、軟骨が小さいのでそれほど大きな変化を望まない場合に使用します。
他の部位に一切傷をつけずに、鼻の中から軟骨を採取できることが鼻中隔軟骨を使用するメリットです。
・耳介軟骨
耳の後ろの軟骨です。耳介軟骨は薄くてぺらぺらしているため、ほとんどの場合2枚を重ねて縫い合わせ使用します。耳介軟骨だけでは少し頼りないため、鼻中隔軟骨と併用して使用することが多いです。
耳の後ろに傷ができますが、もともと目立つ場所ではありませんし、ほとんど傷もわからなくなります。
・肋軟骨
胸にある肋骨のみぞおち付近にある軟骨です。軟骨が大きく採取できるため、大きな変化が可能です。
乳房の下のラインに沿って4㎜ほど切開して採取します。胸に傷ができてしまうことがデメリットです。鼻中隔軟骨や耳介軟骨が使用されている場合に使用します。

鼻中隔延長の手術から仕上がりまでの流れを説明します。
まず手術を受けたいと思ったら、クリニックを選び、カウンセリングへ行きます。治療方法やデザインなどをしっかり話し合います。
手術をやると決めた場合は事前に感染症等を調べるため血液検査や胸部の心電図・レントゲンの検査が必要になります。
手術当日は手術前にもう一度医師とデザインなどの最終確認をしっかり行います。
鼻中隔延長の手術は全身麻酔で行います。
鼻中隔延長はオープン法でアプローチをしていきます。鼻柱部分を切開し鼻翼軟骨を露出させて余分な脂肪や組織を除去していきます。鼻翼軟骨の間にある鼻中隔軟骨に自分の軟骨を移植させて延長させます。角度や形などバランスを整え固定します。切開部分を縫合して終了です。その状態を維持させるためにギプスとテープを1週間します。腫れや内出血を軽減させるためにも圧迫、固定はとても大切です。
鼻中隔延長の手術時間はだいたい2〜3時間程度です。
腫れは翌日がピークで、目立った腫れは2〜3日です。だんだん腫れは引き、1週間で7〜8割は落ち着きます。
傷口の抜糸は7日目後に行います。
鼻柱部分の傷の赤みは3ヶ月くらいでなくなり、ほとんど目立たなくなります。
鼻翼縮小の完全な仕上がりは、個人差がありますがだいたい3ヶ月〜6ヶ月です。

鼻中隔延長術の麻酔

鼻中隔延長の手術は、基本的に全身麻酔で行います。
鼻中隔軟骨は鼻尖形成などの手術とは異なり、鼻先をいじるだけではなく、鼻の奥の方までアプローチを行います。鼻中隔軟骨を露出させたり切り取ったりする作業に痛みが伴うため、麻酔で眠らせて手術を進めていきます。また、鼻中隔軟骨を処理したりする際に、出血が多かったり手術時間を長く要するため、局所麻酔では効かないので、安全のために全身麻酔で行うことが多いです。

術直後の状態

鼻中隔延長の手術直後の状態について説明します。
手術が終了したら、鼻にテープとギプスをつけて、圧迫・固定を行います。
このテープとギプスでの固定は、仕上がりの形状をしっかり形づけるために非常に重要です。また、術後の腫れや内出血などを軽減できる効果もあります。
圧迫・固定は、術後直後から1週間は行うため、その間はテープとギプスが鼻についている状態です。
手術が終了し、テープとギプスをつけた状態で帰ります。マスクをすれば隠すことは出来るのですが、鼻中隔延長は隆鼻などと組み合わせて行うことが多いため、その場合は、鼻から眉間部にかけてしっかり固定と圧迫をします。そのためマスクをしても少し固定部分がはみ出して目立つかもしれません。また、鼻の穴の中には、止血をしっかり行うために次の日までスポンジを入れます。さらにガーゼなどで固定圧迫をする場合もあるため、鼻で呼吸が出来ない状態になります。
個人差はありますが、手術直後は鼻から目元にかけて腫れが生じますが翌日がピークです。痛みはお薬を服用すればコントロールできる程度です。

鼻中隔延長のリスクと問題点

・鼻が傾く
どの軟骨を使用した場合でも、時間の経過と共に鼻が傾いてしまうリスクがあります。
鼻中隔延長は鼻中隔に軟骨を継ぎ足して無理矢理延長させて突っ張らせているため皮膚が元に戻ろうとする力が働いて、移植した軟骨に圧力がかかってしまいます。その結果どちらかに鼻が曲がってしまうのです。
鼻が傾くリスクを減らすためには、移植する軟骨を小さくして延長する量を減らし、鼻中隔にかかる負担をなくすことです。
・仕上がりの形が不自然
鼻中隔を延長する際、移植する軟骨が大きすぎたり、無理に変化を求めようとして延長したりすると仕上がりの鼻の形が不自然になります。
特に肋軟骨を挿入した場合、軟骨が大きく延長量があるため、鼻先が長くなり過ぎてしまう失敗例が多いのです。また、顔全体のバランスと合ってなく違和感のある仕上がりになってしまうこともあります。
鼻中隔延長でバランスの良い鼻の形をつくるためには、軟骨の大きさや移植する角度をしっかりデザインしなければなりません。
感染
鼻中隔延長の手術は、感染症を引き起こすリスクがあります。
手術をする環境が不衛生であったり、切開部分から細菌が入り込んでしまうことにより感染症が引き起こります。また、鼻中隔延長は軟骨を移植するのですが、軟骨を採取し処理する過程で軟骨に細菌が付着しそのまま挿入することにより細菌が入り込んでしまうということが少なくありません。
感染症を引き起こしてしまうと、皮膚に赤みや腫れや痛みが現れます。化膿や炎症が起きてしまった場合、軟骨を除去しなければなりません。
・呼吸がしづらくなる
鼻中隔に軟骨を挟んで重ねるため、鼻中隔が厚くなります。さらに鼻先が少し細くなるため、今までと比べて鼻での呼吸がしづらくなる可能性も稀に起こります。
また、無理な延長をしたりたくさん軟骨を使用すると手術後に鼻呼吸をしづらくなったり鼻づまりのような症状が現れてしまうことも多いのです。

クリニックの選び方

鼻中隔延長は、未熟の医師による手術の場合、傷跡が目立ってしまったり感染のリスクが高まってしまう可能性が高いです。
クリニックを選ぶ際、ついつい料金が安く知名度のあるクリニックを選んでしまいます。しかし、異常に料金が安かったりすると未熟な医師での手術だったりすることがあるのです。
鼻中隔延長の手術は、移植する軟骨の大きさや位置などで仕上がりや状態が変わってきます。理想のデザインに近づくことができるかは医師の腕によって決まるのです。経験不足の医師だと、むやみに鼻中隔を延長させたりして仕上がりの形が不自然になってしまい、満足することができません。また、感染を引き起こすリスクも高くなり、その影響で傷跡が目立ってしまったり傷の治りが遅くなってしまうトラブルも生じてしまいます。
鼻中隔延長の手術をする場合は、クリニック選びは慎重に行いましょう。経験豊富な信頼できる医師を選ぶことが大切です。

関連記事一覧