鼻骨骨切り

鼻骨骨切り術

太い鼻筋を細くしたい方、たくましい鼻をスッキリさせたい方、そんな方は鼻骨骨切りの手術で、理想の鼻を目指せます!
鼻は高くて形はきれいだけど、鼻筋が太いから顔がたくましい印象になってしまう、大きな鼻の原因になっている鼻筋をスッキリさせたい、このような悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。鼻筋が太いと鼻が大きく目立ってしまい、ごつい印象を与えてしまします。
太い鼻筋を改善することで、鼻は小さく目立たなくなり、顔のバランスも整います。また、鼻筋が太いと顔が男らしくなってしまうため、細くなることでその印象も解消することができるのです。
鼻骨骨切りは、鼻筋を細くさせること以外にも、鼻が曲がっていたり、鼻筋の形を整えることを目的に手術をされる方もいらっしゃいます。

骨切り

鼻骨骨切りとは、太い鼻筋や曲がっている鼻筋の骨を切って幅を狭めたり形を整える手術です。
鼻筋が太くてたくましい鼻をしている方や、鼻筋が曲がっている方などに適している手術で、鼻筋を細くし鼻をすっきりさせたり、鼻筋の形を整えられる効果があります。
鼻骨骨切りの手術は、鼻の穴の中と鼻の横の皮膚を切開して鼻骨を骨切りし、中央に寄せて鼻筋を細く綺麗な形に整えます。傷は皮膚表面にできますが、とても小さいためほとんど目立たなくなります。
骨を切って鼻骨を小さくするため、確実に効果の実感できる手術です。また他の鼻の手術と比べて後戻りや再発する可能性もとても低いです。
鼻が大きく見えてしまう原因のひとつは鼻筋が太いことです。鼻筋が太いとたくましくてごつい印象を与えてしまいます。鼻骨骨切りの手術はそんな鼻筋をすっきり細く形を整えられる手術なのです。

鼻骨骨切りのリスクと問題点

鼻骨骨切りは、鼻骨自体を切って幅寄せするため、確実に鼻が細くなったという効果を実感できる可能性が高い手術です。しかし、技術力のいるなかなか難しい手術でもあるため、いくつかリスクも伴います。

・細くなり過ぎてしまう
鼻骨骨切りは、骨を切って内側に寄せて鼻を細くする手術なのですが、その切った骨を内側に寄せすぎてしまうと、仕上がりの鼻筋が細すぎて不自然に感じてしまうことがあります。また、無理に骨を幅寄せしすぎることで鼻の穴が小さくなり、鼻の通りが悪くなってしまう可能性もあります。これは技術不足の医師による手術で起こることが多いトラブルです。
・鼻に段差ができる
手術をした後に鼻を撫でて触るとでこぼことした段差が気になる場合があります。見た目で段差がわかることはほぼありませんが、触ると段差を感じてしまうことがあります。
鼻骨骨切りは鼻の内側からのアプローチがほとんどのため、一部手探りでの作業になります。そのため、未熟な医師によるトラブルが多くなり、失敗のリスクも高まります。
・左右差
鼻骨骨切りの手術では、骨切りする鼻骨の量が左右で違ったり、片方のみの骨を内側に寄せすぎてしまうことによって左右差が生じることがあります。左右差が生じてしまった場合は、修正をしたりプロテーゼを入れたりして調整することが可能です。しかし、元々の鼻の形や骨に左右差がある場合は、その左右差を完全になくすことは難しいかもしれません。

鼻骨骨切り治療の流れ

鼻骨骨切りの手術から仕上がりまでの流れを説明します。
まず鼻骨骨切りの治療の説明などを聞きにクリニックを選び、カウンセリングに行きます。
手術をすると決めた場合は事前に感染症等を調べるために血液検査や胸部の心電図・レントゲンの検査が必要になります。
手術当日は手術前に再度医師と手術の流れやデザインなどの最終確認をします。
鼻骨骨切りの手術は全身麻酔で行います。
鼻骨骨切りは、左右の鼻の穴の中を数カ所と鼻の横の皮膚の表面を2〜3㎜切開して骨切りを行なっていきます。
鼻の穴の中から鼻骨の内側と外側の骨切りをします。さらに加えて鼻の横部分から鼻骨外側の骨切りをしていきます。骨切りは鼻骨専用のノミを使用します。
鼻骨内側と外側の骨切りをした後に、骨を内側にずらし、寄せてギプスで固定して終了です。
鼻の穴の中からのみのアプローチ方法もありますが、骨切り線をコントロールするのが難しくなるため、鼻の横の皮膚側からアプローチすると、より正確に骨切りを行うことができます。
皮膚側の傷は時間の経過と共にほとんど目立たなくなります。
手術時間はだいたい2時間程度です。手術後は麻酔が覚めて気分が良くなるまで休みます。
目立った腫れは3日くらいで、目元周辺に生じることが多いです。腫れのピークは翌日ですが、そこからだんだん落ち着き、1週間で7〜8割の腫れが引きます。
手術後は、状態を維持させるためにギプスとテープで1週間固定・圧迫します。この固定と圧迫は腫れや内出血を軽減させるためにもとても大切です。
鼻の横の傷部分の抜糸は7日目で行います。
傷の赤みは3ヶ月くらいでなくなって、ほとんど目立たなくなります。
鼻骨骨切りの完全な仕上がりは、個人差がありますが3〜6ヶ月です。

鼻骨骨切り治療費用の相場

鼻骨骨切りの手術料金の相場は、骨切りの範囲によって違ってくることから50万円〜120万円と幅が広いです。

クリニックの選び方

鼻骨骨切りの手術は、他の鼻の手術と比べると症例数の少ない手術です。また、鼻骨骨切りは実際に骨を見ながらではなく手探り状態で骨切りをしていくため経験と技術力を要します。そのため、料金やクリニックの知名度で手術をするクリニックを決めるのではなく、経験豊富で技術力の高い医師を選んで手術をしてもらうことが大切です。
未熟な医師の手術は失敗のリスクが高くなります。骨を幅寄せしすぎて細くなりすぎたり、左右差がでたり、仕上がりが不自然になることもありますし、逆に全く効果が感じられないなんてこともあるのです。鼻骨骨切りは骨を切っているため、失敗しても元の状態に戻すことが難しく、最悪不自然な鼻の形のまま治らないということもありえます。
手術する際にクリニックを選ぶことはとても重要で、特に鼻骨骨切りのような難しい手術は、経験豊富で技術力のある医師や安心して受けれるクリニックを探すことがとても大切なのです。

関連記事一覧