鼻孔縁延長

鼻孔縁延長

正面からみて鼻の穴が目立つ、鼻先は短くないのに鼻の穴だけ上方につり上がっている、こういった状態の鼻は鼻孔縁延長の手術で改善することができます!
正面から顔を見たときに鼻孔縁が短いと鼻の穴が丸く大きく目立ち、鼻の穴の中が見えてしまいます。それがコンプレックスで気にされている方は少なくはありません。
鼻の穴が目立つ原因はいくつかあり、その原因によって手術方法が変わってきますが、鼻孔縁のラインが上方に上がっている場合は、鼻孔縁延長の手術を行います。
鼻の穴が目立たなくなるだけで、顔全体の印象はだいぶ変わります。鼻の穴が大きいという印象から顔全体のバランスも整い、上品な顔立ちになります。
今まで悩んでいた鼻の穴の悩みを鼻孔縁延長の手術で解消しましょう。

鼻孔縁

鼻孔縁延長とは、短くて上方に上がっている鼻孔縁に軟骨を継ぎ足して鼻孔縁を下に延長させて、鼻の穴を目立たなくさせる手術です。
鼻の穴の中が見えてしまう方、鼻先は短くないけど鼻孔縁だけ上にくびれている方などに適応する手術です。
継ぎ足す軟骨は耳介軟骨を使用するのですが、鼻の穴の裏を切開してその部分に軟骨を移植するため、正面から見たときに目立つ傷跡は一切ありません。
鼻の穴が丸く大きく目立つと、顔の印象が鼻の穴のイメージになってしまいがちです。それが嫌で、正面で人と話すときに気にされる方は多いでしょう。鼻孔縁延長をすれば、鼻の穴も目立たなくなり、顔のバランスも整い、顔の印象が大きく変化します。また、鼻の穴の大きさに左右差がある方にも効果的で、移植する軟骨の量や大きさを調整し、鼻の穴の左右のバランスを整えることもできるのです。

治療の流れ

鼻孔縁延長の手術から仕上がりまでの流れを説明します。
まず鼻孔縁延長の治療の説明などを聞きにクリニックを選び、カウンセリングに行きます。
手術をすると決めた場合は事前に感染症等を調べるために血液検査が必要になります。
手術当日は手術前に再度医師と手術の流れやデザインなどの最終確認をします。
鼻孔縁延長の手術は局所麻酔です。
まずは移植する軟骨を耳の裏の部分から採取します。耳の軟骨は移植する鼻の形などに合わせて加工を施します。
次に鼻の穴の内側を鼻孔縁に沿って切開を行います。切開部分を広げて、下方に下げポケットを作成し、その部分に耳の軟骨を移植して固定します。形を整え、切開部分を縫合したら終了です。
手術時間はだいたい1〜2時間程度です。
目立った腫れは3日くらいで、鼻周囲に生じます。腫れのピークは翌日ですが、そこからだんだん落ち着き、1週間で7〜8割の腫れが引きます。
手術後は、状態を維持させるためにギプスやテープで1週間固定を行います。
鼻の穴の中の切開部分の抜糸は7日目で行います。
鼻孔縁延長の完全な仕上がりは、個人差がありますが3〜6ヶ月です。

鼻孔縁延長のリスクと問題点

・効果が実感できない
鼻孔縁延長の手術で、延長できる鼻の穴の縁はだいたい1〜3㎜程度です。そのため、手術をしても効果を実感できず物足りなさを感じる方もいるかもしれません。また、鼻孔縁が上方にくびれている方は、もともと皮膚に余裕がないため、軟骨を移植しても鼻孔縁がほとんど下がらないということもありえます。
・感染症
鼻孔縁延長の手術は、感染症を引き起こしてしまうリスクがあります。
手術をする環境が不衛生であったり、傷の部分から細菌が入り込んでしまうと感染症が発症してしまう可能性が高くなります。
鼻孔縁延長の手術は、軟骨移植をする際に、軟骨を採取し処理する過程で細菌が付着しそのまま移植することにより細菌が入り込んでしまうということが少なくありません。また、移植した軟骨が生着せずに壊死してしまい、その部分から感染症を引き起こす可能性もあります。感染症を引き起こしてしまうと、腫れや痛み現れます。炎症を起こしてしまった場合は、移植した軟骨を除去しなければなりません。
・不自然な仕上がり
手術後の鼻の形や鼻の穴の形が不自然に仕上がってしまう可能性があります。
無理に鼻孔縁を下げようとして、軟骨を量を増やしたりすると下がりすぎて鼻孔縁の形が不自然になります。また、軟骨を移植したことにより、皮膚側にぽこっと膨らみができてしまうこともあります。
移植する軟骨の量の違いや生着率の違いで左右差が生じてしまうこともあります。
仕上がりが不自然になってしまう原因として、未熟で技術力のない医師による手術ということが多いです。

鼻孔縁延長の治療費用の相場

鼻孔縁延長の手術料金の相場は、50万円前後が一般的です。

クリニックの選び方

鼻孔縁延長の手術は、経験豊富で技術力のある医師を選ぶことはもちろん、センスやデザイン力も兼ね備えている医師に手術をしてもらうことが重要です。
鼻孔縁延長は、移植する軟骨の形成や量で仕上がりの形が変わってきます。また、軟骨が生着するか、効果をしっかり実感できるかも医師の腕によって大きく変わってくるのです。
技術力のない経験不足の医師による手術で、仕上がりに左右差が出たり、無理に下方に下げすぎてしまったり、トラブルが多くなります。またセンスも重要で、その方の鼻にあったデザインをする必要があります。センスやデザイン力に欠けている医師だと仕上がりが不自然になったり、顔とのバランスがおかしくなってしまいます。
失敗のリスクをなくすためにも、経験豊富で技術力のある医師や信頼できるクリニックを探すことが大切です。

関連記事一覧