眉毛上切開

眉毛上切開

歳をとるにつれて眉毛の位置が下がってきた、、、上まぶたのたるみが気になる、、、そんな悩みを抱えている方は、眉毛上切開の手術で悩みを解消することができます!
加齢によって額や目元の皮膚がたるむと、眉毛の位置が下がってきます。眉毛の位置が垂れ下がることで、より老けた印象を与えてしまいます。また、目つきも悪くなり、暗くて怖い雰囲気の顔になってしまいます。
眉毛上切開の手術で、老け顔の原因となっている垂れ下がった眉毛の位置を上げて、たるみをなくすことで、目元がスッキリとし、若々しい顔を取り戻すことができます。
加齢で眉毛が下がった方だけではなく、若い方でも元々眉毛が下がっている方や眉毛と目の位置を広げたいという方にもおすすめの手術です。

眉毛上切開

眉毛上切開とは、眉毛の上の部分のたるんだ皮膚を切除し、皮膚を引き上げて、下がった眉毛や上まぶたのたるみを改善させる手術です。
眉毛の上のラインに沿って皮膚を切開し、眉毛の位置を引き上げます。眉毛の位置を上げることでまぶたの皮膚も一緒に引きあげるため、たるみが解消されます。余分な皮膚を切除するので、目元の確実な若返りが実現する手術です。
歳を重ねるにつれ、額や目元の皮膚はたるみ、眉毛の位置が下がってきます。眉毛の垂れ下がりやまぶたのたるみは老けた印象をより強く感じさせてしまう部分です。そのため、目元のたるみを解消し眉毛が引き上がるだけで顔の印象が若々しくなるのです。
また、眉毛上切開の手術は、加齢によるたるみの問題だけではなく、眉毛と目の位置を広くしたり、下がっている眉毛を引き上げて形を変えるために行うことも可能です。

治療の流れ

眉毛上切開の手術から仕上がりまでの流れを説明します。
まず眉毛上切開の治療の説明などを聞きにクリニックを選び、カウンセリングに行きます。
手術をすると決めた場合は事前に感染症等を調べるために血液検査が必要になります。
手術当日は手術前に再度医師と手術の流れやデザインなどの最終確認をします。
眉毛上切開の手術は局所麻酔で行います。
まずはデザインした部分を眉毛の上のラインに沿って切開し、皮膚を切除していきます。たるんでいる皮膚を眼輪筋とともに引き上げて、形や左右の位置などを調整して傷を縫合して終了です。
手術時間はだいたい2時間程度です。
目立った腫れは3日くらいで、目元周辺に生じます。腫れのピークは翌日ですが、そこからだんだん落ち着き、1週間で7〜8割の腫れが引きます。
眉毛の上の傷部分の抜糸は7日目で行います。
傷の赤みは3ヶ月くらいで消えていきます。メイクをすればほとんど目立ちません。
眉毛上切開の完全な仕上がりは、個人差がありますが3〜6ヶ月です。

眉毛上切開のリスクと問題点

・傷跡が目立ってしまう
眉毛上切開は他の目元の手術などに比べると多少傷が目立ちやすくなってしまいます。特にメイクをしない男性の方や、眉毛がほとんど生えていない方だと傷は目立ちます。また、傷の縫合が雑だったり、ケロイド体質の方の場合は、傷の赤みが消えるのにも時間がかかってしまい、目立ちやすくなってしまうことがあります。
・眉毛が上がりすぎる
切除する皮膚の量が多かったり、皮膚を引き上げすぎることにより、眉毛が上がりすぎてると感じてしまうことがあります。眉毛を上げすぎると眉毛の形も大きく変化しますし、顔の印象も不自然になってしまう可能性があります。
一度切除した皮膚は戻ることはありませんので、眉毛が上がりすぎてしまった場合はボトックスを打つなどして対応します。
手術中は眉の高さなど調整しながら行うことが大切です。
・眉毛の位置の左右差
仕上がりの眉毛の位置に左右差が出てしまうリスクがあります。
切除する皮膚の量や皮膚の引き上げ具合に左右差がある場合、仕上がりに違和感を感じてしまいます。
左右差が生じないように、調整をしながらしていくことが重要なのですが、元々の眉毛の位置や形に左右差がある場合は、手術後をしても、その左右差が改善されずに残ってしまうことが多いです。

眉毛上切開の治療費用の相場

眉毛上切開の手術料金の相場は、25万円〜35万円です。

クリニックの選び方

眉毛上切開の手術は、仕上がりの眉毛の位置や形によって顔の印象が大きく変わります。
さらに手術をする医師の腕によって、失敗のリスクも高くなってしまいます。そのため、眉毛上切開の手術を受ける際は、クリニック選び、医師選びが重要です。
自然に眉毛と目元のたるみが解消されるのが1番良いのですが、皮膚を切除しすぎたり引き上げすぎたりすると仕上がりが不自然になってしまいます。もちろん経験豊富な医師はこのようなトラブルにはなりません。手術前にしっかりとカウンセリングを行い、その方の希望や形にあったデザインをして、理想な仕上がりを実現してくれます。しかし、未熟な医師は、ただ多く皮膚を切除したり引き上げすぎてしまうことにより失敗につながることが多いのです。
クリニックは料金や知名度で選ぶのではなく、手術をしてもらう医師の経験や技術力を見て選ぶのが良いでしょう。

関連記事一覧