眉毛下切開

眉毛下切開

まぶたの皮膚がたるんできて、目が小さくなった、、、たるんだ皮膚を取りたいけど、目元の印象が変わるのが心配、、、という方には眉毛下切開がおすすめです!
まぶたのたるみをなくしたいけど、目の形は変えたくない!昔の二重を取り戻したい!そんな風に思っている方は多いですよね。眉毛下切開は目元の印象を変えずに、たるみや厚みを解消できる若返り手術です。目の形を変えたり、二重になってしまうことがないため、自然な若返りが可能です。もともとの二重が皮膚のたるみでなくなってしまった方も、眉毛下切開をすれば以前の二重を取り戻すことができるのです。
また、眉毛と目の間を狭めたいという方にもおすすめ。眉毛の下を切開すると眉毛と目の間が狭くなり、少し凛々しい顔立ちになるため、目元もぱっちりすっきりするので顔が明るい印象になります。

眉毛下

眉毛下切開とは、眉毛の下のラインに沿って切開し、まぶたのたるんだ皮膚を取り除く手術です。
この方法は、まぶたのたるみが気になるけど、目元の印象はあまり変えたくないという方や、二重のラインが狭くなってきたといった方に適している手術です。
まぶたのたるみ具合にもよりますが、だいたい眉頭から1.5㎝後ろを眉毛の下のラインに沿って切開し、たるんだ皮膚を切除し引き上げます。
眉毛下切開をすると、まぶたの皮膚のたるみや厚みが改善されるため、目元が少しぱっちりします。まぶたのたるみでなくなっていた二重を元に戻すこともできるのです。仕上がりは、目元が少し若返りすっきりした感じになるため、目元の印象が変わってしまうのが心配だという方も安心して受けれます。
また、傷跡もほとんど目立たなくなり、メイクで眉毛を描けば全くわからない程度になります。腫れも二重切開の手術などと比べると少ないです。

眉毛下切開の治療について

眉毛下切開の手術の治療から仕上がりまでの流れを説明します。
まず眉毛下切開をしたいと思ったら、手術の説明などを聞きにクリニックを選び、カウンセリングを受けに行きます。
手術をすると決めた場合は事前に感染症等を調べるために血液検査が必要になります。
手術当日は手術前に再度医師と手術の流れやデザインなどの最終確認をします。
眉毛下切開の手術は局所麻酔で行います。
眉頭から1.5㎝程後ろ側を眉毛の下のラインに沿って切開します。たるんでいる余分な皮膚や脂肪を除去し、皮膚を上に引き上げてバランスや状態を確認し、切開部分を縫合して終了です。手術後は傷部分にテープを抜糸をするまで貼ります。
手術時間はだいたい1〜2時間程度です。
腫れは翌日がピークで、目立った腫れは2〜3日です。だんだん腫れは引き、1週間で7〜8割は落ち着きます。内出血が出た場合は、重力の影響で下に下がってくるため、目元周辺に生じます。
傷部分の抜糸は7日後に行います。
傷の赤みは3ヶ月くらいから徐々に消えていきます。傷はメイクで眉毛を描けば全く目立たなくなります。眉毛の生えていない方やすっぴんのときに傷が気になるという方は、眉毛のアートメイクをおすすめします。手術後3ヶ月以降であればアートメイクが可能です。
眉毛下切開の完全な仕上がりは、個人差がありますが3〜6ヶ月です。

眉毛下切開のリスクと問題点

・傷跡が目立つ
眉毛下切開の傷跡は、眉毛の下の線に沿って残ります。眉毛に隠れて傷はほとんど目立ちませんし、メイクで眉毛を描けば人にバレることもほとんどありません。しかし、眉毛が細い方や眉毛が生えていない方だと傷跡が目立って見えてしまうことがあります。
また、技術力が不十分な医師が手術を行い、傷部分の眉毛が抜けてしまったり、生えて来なくなったりすると傷跡が浮き上がって目立ってしまうこともありえるのです。
眉毛下切開の手術を受ける際には、医師の技術力を重視してクリニックを選びましょう。
・まぶたの内側のたるみについて
眉毛下切開は、まぶたの外側のたるみを除去するのには適していますが、まぶたの内側のたるみを除去することは難しいです。無理に内側の皮膚のたるみまで引き上げようとすると不自然な目元になってしまいます。
まぶたの内側のたるみを取りたい場合は、二重切開で改善する方が良いでしょう。
・不自然な仕上がり
まぶたの皮膚を除去しすぎたり、たるみを引き上げすぎたりすると仕上がりが不自然になってしまいます。皮膚を取りすぎてしまうと、まぶたに引きつれが生じます。また、引きつれ以外にもまぶたが閉じにくくなってしまうこともあり、稀に後遺症として残ってしまう可能性もあるのです。
皮膚を除去する量やたるみの引き上げ具合が左右で違うと仕上がりに左右差がでてしまうこともあります。多少の眉毛の位置の左右差でも、意外に目立ってしまい、違和感を感じてしまいます。

眉毛下切開の治療費用について

眉毛下切開の手術料金の相場は、25万円〜40万円です。

クリニックの選び方

眉毛下切開の手術を考えている方は、料金や知名度でクリニックを選ぶのではなく、十分な技術力を備えている経験豊富な医師を探すことが重要です。
目元の印象はほとんど変わることなく自然な若返りができる眉毛下切開ですが、実は難しい手術でもあり、医師によって技術力の差が出やすいのです。眉毛下切開の手術が経験不足の医師だと、傷跡が目立ってしまったり、皮膚を取りすぎてまぶたが引きつれを起こしてしまうトラブルにつながってしまいます。また、傷部分の眉毛が全く生えてこないという問題も多く起こっています。眉毛下切開での失敗は、修正手術で治すのもなかなか難しく、不自然なまぶたと一生付き合うことになってしまうと、手術を受けた意味がなくなってしまいます。
こういったトラブルを防ぐためにも、手術を受けるクリニックや医師はしっかり選ぶようにしましょう。

関連記事一覧