鼻翼縮小

鼻翼縮小

小鼻が横に広がっている方、そのせいで鼻が大きく見えてしまう方、鼻の穴を小さくしたい方、、、小鼻が大きくて悩んでいる方は鼻翼縮小の手術でその悩み解消しましょう。
小鼻が横に広がっていると、いくら鼻が高くて鼻筋が通っていても、大きな鼻の印象を与えてしまいます。また、小鼻が大きいと鼻の存在感が強く、顔のバランスも悪く見えてしまうことがあるのです。そのほかに小鼻の広がりは、幼い顔の印象を与えます。
小鼻の広がりを解消させて、形を整えることで、鼻全体がスッキリとして小さくなります。鼻の穴の広がりや大きさが気になっている方も、形を小さく整えることが可能です。
鼻翼縮小の手術は、今まで小鼻の広がりのせいで、顔のパーツで一番目立ってしまっていた大きな鼻を小さくし理想の鼻を目指すことのできる治療なのです。

鼻翼縮小とは、横に広がっている小鼻の皮膚を切除して、鼻の幅を狭くしたり小さくしたりしてバランスを整える手術です。鼻が大きく見えてしまう原因になっている小鼻を縮小することで、鼻はすっきりとし、横幅がなくなり小さくなるため、鼻が大きいという印象を解消できます。
小鼻の広がりが気になる方、大きい鼻の穴を小さくしたい方、バランスのいい鼻にしたいと思っている方に適している手術です。小鼻を小さくすると鼻の形が整い、顔のバランスも良くなります。また、小鼻を小さくすることで鼻の穴の大きさや形も目立ちにくくする効果があるのです。
小鼻の広がりがコンプレックスだという方には鼻翼縮小の手術をおすすめします。
鼻翼縮小の手術は、どの方法でも皮膚の表面に傷ができるのですが、正面から見たら目立たない部位のためほとんど気になることはありません。切除する皮膚の量も不自然な仕上がりにならない程度でデザインできるため、少しの変化から大きな変化まで望むことができるのです。

小鼻の広がりや大きい鼻を解消するのに効果的な鼻翼縮小ですが、いくつかリスクも伴います。事前にリスクや起こり得るトラブルなどをしっかり理解しておくことが大切です。

・傷跡が目立ってしまう
鼻翼縮小の手術は、皮膚の表面を切開するため傷跡が残ります。通常時間が経てばほとんど目立なくなるのですが、体質や傷の縫合の仕方で傷跡がでこぼこしたり目立ってしまうこともあります。特に外側法の場合は、小鼻の付け根に沿って皮膚を切除するため、縫合がしっかり行われていないと傷が目立って見えてしまいます。また、肌質によって炎症を起こして赤みが長引いたり、ケロイドのように傷跡が残りやすくなってしまう可能性もあります。
・後戻りの可能性
鼻翼縮小の手術には後戻りを起こしてしまう可能性があります。特に内側法での術後に起こりやすいと言われています。余分な皮膚を切除して縫合しますが、皮膚が元に戻ろうと外向きの力がかかるため、徐々にまた小鼻は広がっていってしまうのです。
・不自然な仕上がり
無理をして必要以上に小鼻の皮膚を切除してしまったり、手術方法が適していなかった場合に仕上がりが不自然になってしまうことがあります。鼻翼縮小の手術は皮膚をたくさん取ればそれだけ鼻を細く小さくできますが、小鼻の丸みがなくなり、鼻の穴の形も細長くなって、おかしな形になってしまいます。ただ皮膚を多く切除すればいいのではなく、鼻全体のバランスを見ながら綺麗に仕上げる必要があります。

鼻翼縮小の料金相場

鼻翼縮小の手術料金の相場は、15万円〜30万円です。

クリニックの選び方

鼻翼縮小は、医師の腕によって仕上がりの形などが大きく左右される手術です。そのため失敗やトラブルを起こさないためにも、信頼できるクリニックと経験豊富な医師を選択することが重要なのです。
経験不足や技術力のない医師による手術は、傷跡が目立ってしまったり、仕上がりの形が不自然になってしまったりとトラブルにつながることが多いです。鼻翼縮小の手術は、ただ多くの皮膚を切除して鼻を小さくすればいいわけではなく、その方に合った小鼻の形をデザインして形を整えていくことがとても大切です。
失敗のリスクを減らすためにも、自分に合った方法や適切なデザインを提案してくれる経験豊富な医師を選んで、手術を受けましょう。

関連記事一覧