ブローリフト

ブローリフト

歳をとるにつれて眉毛の位置が下がってきた、、、上まぶたのたるみが気になる、、、額に横じわがはいってしまった、、、そんな悩みを抱えている方は、ブローリフトの手術をして悩みを解消しましょう!
加齢によって額の皮膚がたるむと、眉毛の位置が下がり、目元がたるみます。さらに、額に横じわが入って目立ってしまうこともあります。眉毛の垂れ下がりや目元のたるみ、額のしわはより老けた印象を与えてしまうのです。まぶたが下がることで、目つきも悪くなり、少し暗い雰囲気の顔になってしまうことも。
ブローリフトの手術で、老け顔の原因となっている垂れ下がった眉毛の位置を上げて、目元のたるみや額のしわをなくすことで、目元がスッキリとし、若々しい顔を取り戻すことができるのです!

ブローフト

ブローリフトとは、毛髪内を数カ所1㎝程切開し、内視鏡を入れて額の骨膜を切開し、眉毛の位置を引き上げる手術です。額の骨膜を切除することで眉毛が引き上がりやすくなります。傷は毛髪内のため、皮膚には一切傷をつけずに、額や目元のたるみを解消できるところが魅力的です。
また、内視鏡を入れて中を見ながら処理を行うことが可能なため、全体のバランスを確認しながら適切に引き上げ位置を固定することができます。切開してリフトアップする方法に比べ、正確かつ組織に負担が少なく手術が行えるところがポイントです。
眉毛の垂れ下がりやまぶたのたるみや額のしわは老けた印象をより強く感じさせてしまう部分です。そのため、眉毛を引き上げ、目元のたるみや額のしわを解消するだけで顔は若々しさを取り戻します。

ブローリフトの手術から仕上がりまでの流れ

ブローリフトの手術から仕上がりまでの流れを説明します。
まずブローリフトの治療の説明などを聞きにクリニックを選び、カウンセリングに行きます。
手術をすると決めた場合は事前に感染症等を調べるために血液検査や胸部の心電図・レントゲンの検査が必要になります。
手術当日は手術前に再度医師と手術の流れやデザインなどの最終確認をします。
ブローリフトの手術は全身麻酔で行います。
ブローリフトは、毛髪内を5箇所1〜2㎝切開し、そこから内視鏡を入れて内部の状態を確認しながら手術をしていきます。額のたるみの原因である、額の靭帯と筋肉の剥離を行い、切除して眉毛の位置を引き上げ、固定を行います。毛髪内の切開部分を縫合したら終了です。
手術時間はだいたい2時間程度です。手術後は麻酔が覚めて気分が良くなるまで休みます。
目立った腫れは3日くらいで、目元周辺に生じます。腫れのピークは翌日ですが、そこからだんだん落ち着き、1週間で7〜8割の腫れが引きます。手術後、2日~3日は痛みが続くことがありますが、痛み止めの薬を服用すればコントロールできる程度の痛みです。
毛髪内の傷部分の抜糸は7日目で行います。
傷ですが、毛髪内になるため目立つことはありません。
ブローリフトの完全な仕上がりは、個人差がありますが3〜6ヶ月です。

ブローリフトのリスクと問題点

ブローリフトは内視鏡を使用して行う手術のため、毛髪内の小さな切開でリフトアップが実現できるとても魅力的な手術です。しかし、内視鏡でのブローリフトは簡単な手術ではないため、伴うリスクも様々です。手術を受ける前にしっかりリスクや問題点を理解しましょう。

・神経損傷
内視鏡を使用して行うため、顔面神経や血管などを傷つけないように内部を確認しながら手術を行うことができますが、稀に神経を傷つけてしまうトラブルが起こります。顔面神経を傷つけてしまうと、眉毛の動きが弱くなってしまったり、毛髪内の感覚が鈍くなってしまう可能性があります。感覚麻痺は時間が経つにつれ改善するのが普通ですが、麻痺の状態が長く続いてしまったり、残ってしまうこともあります。
特に知識や経験不足の医師による手術を受けると、神経損傷のリスクは高くなります。
・左右差
内視鏡は、一部手探りで行う手術になるため、剥離したり切除する組織や皮膚の引き上げ具合が左右で違うと仕上がりに少し違和感を感じてしまいます。また、術後片側だけに神経損傷による顔面麻痺などが起こった場合も、顔の左右差が目立って不自然になってしまいます。
元々の顔の皮膚のたるみ具合や眉毛の位置で左右差がある場合も、手術後にそのまま改善せずに残ってしまうことも多いのです。
・引き上がりが足りない
内視鏡で行う手術の場合、切開して皮膚を切除する手術と比べ、皮膚の引き上がり効果をあまり実感できないということがあります。
皮膚の切除は行わず、額の皮膚のたるみの原因となっている骨膜のゆるみを引き上げてたるみを解消する方法のため、引き上げに限度があります。

ブローリフトの料金相場

ブローリフトの手術料金の相場は、65万円〜75万円です。

ブローリフトのお勧めクリニック・クリニックの選び方

最小限の切開で目元のリフトアップをしたい!極力傷跡は作りたくない!という方にぴったりな手術がブローリフトです。しかし、どのクリニックを選んでも効果や仕上がりが同じで満足いくというわけではありません。ブローリフトの手術でしっかり効果を実感したいのであれば、担当する医師やクリニック選びがとても重要になってきます。
内視鏡による手術は、繊細な技術力が医師に求められるため、経験豊富で技術力の高い医師を選び、手術を受けることが大切です。また、内視鏡だと視野が大きく取れないため、正確な手術をすることも難しくなってきます。未熟な医師での手術ですと、神経損傷などのリスクが高まり、仕上がりが不自然になってしまうなんてこともよくあるのです。
ブローリフトを受ける際は、医師選びは十分に注意しなければ失敗してしまう可能性が高くなってしまいます。

関連記事一覧