二重まぶた

二重まぶたに変わるだけで華やかさは大きく違う!!

二重まぶたにしたい、二重まぶたの幅を広げたい。目元の悩みを解決するには美容整形による「二重まぶた」が実は一番簡単。治療を受けるだけで簡単に二重まぶたになれるんだもの。目元の印象はやっぱり重要、二重まぶたに変わるとメイク映えするだけじゃなく、あなたの美しさをさらに際立たせてくれます。なりたいあなたの思いを大切にしましょう。悩んでいるだけでは思っているだけでは何も解決しません。二重まぶたになって今までとは違う前向きなあなたに変わってみませんか。

まぶたを整形する

二重まぶたと言っても元々の目の大きさ、開き具合は人それぞれ違います。また、どんな二重まぶたになりたいのか、目の大きさや形にしたいのか、それぞれ好みは違います。そのため二重まぶたの手術と言うのはいろいろな治療法があります。
あなたにとってどんな治療法がベストなのか、二重まぶたの治療法を知ることは非常に大切です。ここでは二重まぶたの治療法について詳しくご紹介します。

二重まぶたを作る

二重まぶたというのは、まぶたの皮膚の折り返し位置をどこに設定するかで幅が変わります。その折り返し位置を再設定するのが二重まぶたの手術です。二重まぶたの手術には、糸で止めるだけの「埋没法」、皮膚を切開して作る「切開法」があります。あなたにとって必要な、適切な治療法は一体どれでしょう。

埋没法

皮膚を切開したくない、傷跡を残したくない。ダウンタイム(日常生活への制限)があると困る。そんな方でも二重まぶたにすることができるのが「埋没法」です。埋没法とは皮膚を切除することなく、糸でまぶたの皮膚と瞼板とを結びつけて二重まぶたを作る二重まぶたの代表的な整形手術。皮膚を切除しないので傷跡の心配がなく、ダウンタイムが非常に短いのが大きなポイント。仕上がりの自然さ、もともと二重まぶただったかのような目元になれるので、二重まぶたの第一選択として埋没法を選ぶというのも悪くありません。

切開法

皮膚を切開・切除して二重まぶたを作るのが切開法です。切開することで皮膚に癒着を引き起こし取れない、一生涯持続する二重まぶたを手に入れることができます。皮膚を切るということは怖いかもしれませんが、怖さ以上に手に入れることができる美しい二重まぶたは絶対にお勧めです。腫れや内出血など術後少しの期間だけ日常生活に支障は出ますが、これから先、一生のことを考えるとダウンタイムはほんの一瞬のこと。切開法で二重まぶたを手にれることはあなたの人生を豊かにしてくれる最高の治療法です。

目を大きくする

二重まぶたの手術は目を大きくする方法ではありません。二重まぶたというのはまぶたの折り返し位置を再設定するだけの治療であって、目そのものが大きくなる、大きく変わるわけではありません。実際に「目を大きくする」というのは、目の縦幅を広げたり、横幅を広げることで目を大きく変化させなければいけません。

眼瞼下垂黒目の露出を増やす

眼瞼下垂の手術のポイント

目頭切開目を内側に広げて目を大きく見せる

皮膚を切開・切除して二重まぶたを作るのが切開法です。切開することで皮膚に癒着を引き起こし取れない、一生涯持続する二重まぶたを手に入れることができます。皮膚を切るということは怖いかもしれませんが、怖さ以上に手に入れることができる美しい二重まぶたは絶対にお勧めです。腫れや内出血など術後少しの期間だけ日常生活に支障は出ますが、これから先、一生のことを考えるとダウンタイムはほんの一瞬のこと。切開法で二重まぶたを手にれることはあなたの人生を豊かにしてくれる最高の治療法です。

目尻切開目を外側に広げて目を大きく見せる

皮膚を切開・切除して二重まぶたを作るのが切開法です。切開することで皮膚に癒着を引き起こし取れない、一生涯持続する二重まぶたを手に入れることができます。皮膚を切るということは怖いかもしれませんが、怖さ以上に手に入れることができる美しい二重まぶたは絶対にお勧めです。腫れや内出血など術後少しの期間だけ日常生活に支障は出ますが、これから先、一生のことを考えるとダウンタイムはほんの一瞬のこと。切開法で二重まぶたを手にれることはあなたの人生を豊かにしてくれる最高の治療法です。

まぶたのたるみを解消する

上眼瞼切開

眉毛下切開

眉毛上切開

目の形・印象を変える

目頭切開

目尻切開

グラマラスライン

関連記事一覧