下眼瞼脱脂

あなたの悩みの「目の下のクマ」は下眼瞼脱脂で解消できる。

老け顔の原因になってしまう目の下の膨らみ…なくしてすっきりさせたくありませんか?
下眼瞼脱脂をすれば表面に一切傷をつけることなく、目の下の脂肪を除去することができるのです!
目の下にできる膨らみの原因は眼窩脂肪です。
この眼窩脂肪によって目の下に膨らみができてしまうと顔が年齢より老けて見えてしまいますし、膨らみの影でクマができてしまい、疲れたような顔の印象も与えてしまうのです。その老け顔、疲れ顔の原因である膨らみ部分の余分な脂肪を除去するだけで、目元はとてもすっきりし若返ります。
さらに下眼瞼脱脂は、下まぶたの裏側から切開を行うため、皮膚の表面には一切傷はできません。そのため傷跡が残るのが嫌だという方や手術には少し抵抗があるという方でも手軽に受けることのできる若返り手術です。

目の下の膨らみの原因って

(原因)

目の下のプクッとした膨らみ、まぶたのたるみの症状として多くの方が抱えている悩みの一つ。その原因が何か、あなたはご存知でしょうか?
実は膨らみの原因というのは「脂肪」なんです。脂肪といっても太ったり痩せたりすることで増減する皮下脂肪ではなく、眼窩脂肪という脂肪。眼窩脂肪というのは眼球を保護するために眼窩部にある脂肪のこと。その眼窩脂肪がどうして膨らみとして出てくるのか? その原因は2つある。

一つは眼球を支えている靭帯が伸びてしまい眼球の重みが眼窩脂肪に伝わることによって逃げ場のない眼窩脂肪が膨らみとして出てしまうということ。
もう一つは、加齢によって皮膚そのものが薄く変化してしまうことによって眼窩脂肪が押し出されてプクッとした膨らみが出てしまうんです。

その膨らみを解消するには、眼窩脂肪を少しだけ取り除くこと以外に方法はありません。それが「下眼瞼脱脂」という方法なのです。

下眼瞼

下眼瞼脱脂とは、目の下の膨らみの原因である脂肪を下まぶたの裏側の結膜部分を切開し、その部分から脂肪をレーザーで除去する手術です。結膜側からのアプローチになるため、皮膚表面に傷跡は一切残りませんし、術後の腫れなどのダウンタイムもほとんどないのがメリットです。
目の下の膨らみの原因は眼窩脂肪です。眼窩脂肪とは眼球の周囲を取り囲んでいる脂肪のことです。その脂肪が加齢とともに下に下がってくることで、目の下に膨らみが現れてしまいます。目の下にぷくっと膨らみがあるだけで、年齢よりも老けた印象を与えたり、影クマができることで疲れ顔の原因にもなってしまうのです。目の下の脂肪を取り除くことで目元はすっきり、顔の印象が若返ります。
下眼瞼脱脂は、術後のダウンタイムや日常生活の制限もなく、メイクや洗顔もすぐにすることができるので、手軽に受けることのできる手術です。

【関連記事】

下眼瞼脱脂-切らずに目の下のたるみ・膨らみを瞬時に解消する方法
なんと! 目の下の膨らみは整形で確実に治すことができる。

下眼瞼脱脂のリスクと問題点

・凹みができる
脂肪を取りすぎてしまうと目の下が凹んでしまう可能性があります。目の下が凹んでしまうと、逆にクマが目立ってしまったり、より老けた印象になってしまいます。特に涙袋が大きい方などは凹みが目立ってしまいます。
目の下の脂肪はただ多く除去すればいいのではなく、凹んだりでこぼこしたりしないように確認をしながら手術を進めていくことが大切です。
とりすぎてしまった脂肪が元に戻ることはないため、凹みができてしまった場合は、ヒアルロン酸注入や脂肪注入を行い対応します。
・皮膚のたるみは改善できない
下眼瞼脱脂の手術は脂肪を除去することができても、皮膚のたるみを除去することができません。そのため、下まぶたの皮膚が大きくたるんでいる高齢の方などは、下眼瞼脱脂をしてもあまり若返りの効果は実感できないかもしれません。また、目の下の脂肪を取り除くことで、皮膚のたるみやしわがかえって目立ってしまうこともあり得るのです。目の下の皮膚のたるみを除去したいという方は、下眼瞼切開の手術が適応になります。
・再発の可能性
一度取り除いた目の下の脂肪が再発することはないのですが、また数年後、加齢に伴い皮膚のたるみや眼球を支えている靭帯や筋肉の緩みにより、眼球を支えきれず、圧力が加わり、再び目の下にぷくっと膨らみが出てくる可能性はあります。再度目の下の膨らみが出てきた場合は、手術が可能です。

治療の流れ

下眼瞼脱脂の手術の治療から仕上がりまでの流れを説明します。
まず手術をしたいと思ったら、治療方法などを聞きにクリニックを選び、カウンセリングを受けに行きます。
手術をすると決めた場合は事前に感染症等を調べるために血液検査が必要になります。
手術当日は手術前に再度医師と手術の流れやデザインなどの最終確認をします。
下眼瞼脱脂の手術は基本的には局所麻酔で行います。
下まぶたを反転させ、結膜の部分をレーザーを使用し切開します。切開をすると脂肪が飛び出してくるので取りすぎて凹まないよう、丁寧に除去していきます。縫合は行わず止血を確認したら終了です。ただ、コンタクトレンズをすぐに使用したい方は吸収糸で縫合を行います。抜糸は必要ありません。
手術時間はだいたい30分〜1時間程度です。
目立った腫れはなく、2〜3日で腫れはほとんど落ち着きます。
下眼瞼脱脂の完全な仕上がりは、個人差がありますがだいたい3ヶ月です。

下眼瞼脱脂の治療費用の相場

下眼瞼脱脂の手術料金の相場は、20万円〜30万円です。

クリニックの選び方

下眼瞼脱脂の手術で失敗を避けるためには、手術を受けるクリニックや医師選びを重視することがポイントです。
下眼瞼脱脂は、ダウンタイムも少なく、表面に一切傷ができないため非常に人気で気軽に受けることの出来る手術です。しかし、だからといってクリニック選びにこだわらず、料金や知名度で手術を受けるクリニックを選ぶと、失敗のリスクが高くなります。技術力の低い未熟な医師での手術で、脂肪を取りすぎて凹んでしまった、左右差ができてしまったなどのトラブルが非常に多いのです。目元の若返りの手術をしたのに、逆に老けて見えるようになった、なんてことが起きたら悲しいですよね。
下眼瞼脱脂は、脂肪を取りすぎてしまうことで目の下が凹まないよう、また皮膚がたるまないようになどいろいろ考えたうえで手術を行っていかなければなりません。少しの差で仕上がりは大きく変わってしまいます。そのため、手術を受ける際は、下眼瞼脱脂の経験が豊富な技術力のある医師を選ぶことが大切です。

関連記事一覧