エラ張りの印象

エラが張っているとこんな印象を与えている

エラが張っている人を見ると、顔が大きくていかついなぁという印象を受けてしまいます。
少し張っているエラが魅力的と感じる人もいるでしょう。確かにエラの張っている人の横顔は形がきれいだと思うことがよくあります。しかし、あまりにエラが角ばっていたり大きすぎたりすると、顔は大きく四角い形になってしまい、いかつい、こわいなどのイメージを持たれてしまうことが多いのです。 
エラが張っているせいで周りの人と比べて顔が大きく見えてしまうと感じたことはありませんか?友達と一緒に撮った写真や、街中の鏡にふと映った自分の顔を見て思い悩んでいる人は多いのではないでしょうか。エラが張っていることがコンプレックスで、それを髪の毛で隠したり、様々な努力をしている人もいるでしょう。しかし、残念ながら角ばっている大きなエラは削り取らない限りなくなることはありません。ダイエットをして顔痩せをしても逆にエラが目立ちますし、メイクで頑張ってごまかしても限界があり小顔になることは実現しないのです。
エラが張っている人は、正面から顔を見たときに頬部の余白が多いため、とても顔が大きく見えてしまいます。そのため、正面から見たときの張っているエラを気にして髪の毛で輪郭を隠しているという人が多いです。また、横顔も角ばっているエラがはっきりと表れてしまうため、男っぽいごつい印象を与えてしまいます。
エラ削りをして張っているエラをなくせば、すっきりとシャープなフェイスラインになり、正面から見ても横から見ても女性らしい小顔を手に入れることができるのです。
エラ削りの手術は、もちろんエラの角ばりや大きさが多いほど、小顔になれた!という実感が大きく、劇的な変化を果たすことが可能ですが、少しフェイスラインを整えたい、少しだけ気になるという人でも、エラ削りの手術をすれば確実に小顔に変わります。少しでもエラの骨を削るだけで、効果に満足できる手術だと思います。
顔が大きいのが嫌だ、、、エラが張っているせいで可愛らしさがない、、、と今まで悩んできた人は、エラ削りの手術を考えてみるのもいいと思います。手術になると、費用が高額になり、それなりにリスクも伴うため、簡単にできるものではありませんが、確実に小顔になりたい人は手術をするのをおすすめします。今までのごつくていかつい、大きな顔の印象もエラを削ることで解消され、すっきりとした憧れの小顔になることができるのです。

関連記事一覧