エラボトックス

エラボトックスで小顔になる

エラを小さくしたい!小顔になりたい!でも手術は怖いし…と悩んでいる方はいませんか?手術をしなくても、エラボトックスの注射で簡単にその悩みは解決できます!
エラが張りは、顔が大きく見えてしまう原因のひとつです。また、顔もごつく見えてしまうこともあります。それが嫌でエラを隠せるように常に髪の毛をおろしている方も多いのではないでしょうか。改善したいけど、手術までは考えていなし、、、と諦めてしまっている方がほとんどだと思います。しかし、エラが張っている原因は骨の突き出しだけではなく、筋肉が過度に発達しているケースも考えられるのです。このエラを大きくしている原因の筋肉をボトックス注射で徐々に小さくしていけば、輪郭がシャープになり小顔を目指すことができます。
エラボトックスはエラ削りの手術に比べると格段に体への負担が少ないです。また施術時間もあっという間で手軽にできるため、最近では多くの方が受けている人気の施術なのです。

ボトックス

エラボトックスとは、エラ張りの原因になっている筋肉に注射をし、筋肉の動きを抑えて小さくし、エラ張りを改善させる施術です。
エラが張っている原因は骨だけではなく、咬筋というエラの筋肉の過度な発達によるものもあります。咬筋というのは、ものを噛むときに使う筋肉のことでエラ周辺に存在します。この筋肉は使えば使うほど大きくなるため、ボトックス注射で筋肉の動きを抑制し、徐々に筋肉を小さくしていくことが目的です。
筋肉の発達によるエラ張りの方や手術をせずにエラを小さくしたいという方に適している治療になります。手術に比べると、体への負担やダウンタイムも非常に少なく、気軽に受けれるのがメリットです。
また、筋肉は継続して使わなければ小さくなる性質があるため、エラボトックスを定期的に数回繰り返し打つことで、その後ボトックス注射を止めてもスッキリとした輪郭を維持することがきるのです。

エラボトックスの治療についてのご紹介(アテレディ・美容医療情報サイト)

エラボトックスの治療の流れ

エラボトックス注射の治療の流れを説明します。
まずエラボトックスをしてみたいと思ったら、治療の適応があるか、どういった治療なのかなどを聞きにクリニックを選び、カウンセリングを受けに行きます。
エラボトックスを希望の際は、カウンセリング当日にすぐ注射をすることができます。検査等は何も必要ありません。
今のエラの筋肉の状態などを見て、どのくらいの量のボトックスを注入するかを決めます。
注射はすぐに打ち終わるため、痛みもちくっと感じる程度です。もし痛みが心配な場合は表面麻酔をすることも可能です。
施術時間は5分〜10分程度です。
ダウンタイムはほとんどなく、注射後すぐにメイクをしても大丈夫です。顔のマッサージなどは1週間控えた方が良いですが、その他には特に制限はありません。
ボトックスの効果は個人差もありますが、2〜3日で効果が現れ始めて、1週間くらいで実感することができます。
効果の持続期間はだいたい3〜6ヶ月です。治療の間隔ですが、ボトックスへの抗体ができないように最低でも3ヶ月は期間を空ける必要があります。効果が切れ始めたと感じる3〜5ヶ月の間隔で、3〜4回は通って注射を打つことが理想です。定期的にボトックスを打てば、3〜4回でエラが小さくなり、終了することも可能なのです。

エラボトックスのリスクと問題点

手軽に簡単に受けることができ、効果も実感できるエラボトックスですが、その分リスクや事前に理解しなければならない問題点もございます。しっかり治療のリスクを知った上で施術を受けるようにしましょう。

・定期的な治療が必要
エラボトックスの治療は、定期的に何回か注射をしないとすぐに元に戻ってしまうことがあります。手軽にできるボトックス注射ですが、手術とは違い1回で改善するものではなく、継続的に治療を行わなければ意味がありません。もちろん1回だけでも効果は実感できますが、定期的に行うことが理想的です。また、ボトックスの持続期間も個人差があり、効果が続くのが3カ月~6ヶ月くらいです。
・皮膚がたるむ
筋肉の動きを抑制し、エラの筋肉が小さくなることで、表面の皮膚が余ってしまいたるむ可能性があります。この症状は通常起こることはほとんどないのですが、高齢の方や皮膚の薄い方に起こりやすいと言われています。今までエラの筋肉でパンっと張っていた皮膚が、筋肉がなくなることで下がってしまいます。皮膚がたるむとフェイスラインだけではなく、法令線や口元のたるみも気になってしまう場合があります。
普段から皮膚のたるみが気になる方や、皮膚の表面が人よりも薄いなと感じている方は、施術後にたるみができる可能性が大きくなるかもしれません。
・顎が動かしづらくなる
ボトックスの注入量が適切量より多すぎたりすると、一番効果が出ているときに、顎が動かしづらいなどのトラブルが起きることもあります。
筋肉の動きを抑えるため、食べるときの噛む力が少し弱くなるのは、ボトックスの効果が表れている証拠ですが、注入量が多すぎてしまうと食事の際に顎が疲れてしまったり、硬いものが噛みづらくなってしまいます。この症状に慣れるまで違和感があるため、注意が必要です。

エラボトックスの料金相場

受ける側からすれば少しでも安価であれば嬉しいもの。しかし、安さの裏側に潜んでいる大きな問題点も忘れてはいけません。大切なのは適正価格です。

エラボトックス注射の料金相場8万円〜15万円

ボトックスの正規品・純正の薬剤は安価ではありません。1バイアルあたりの単価は数万円してしまいます。薬価は決まっているため大量購入してもそれほど安くなることはありません。

クリニックの選び方

最近では、エラボトックス注射はいろんなクリニックで手軽に打つことができます。しかし、安い料金や有名だからといって施術を受けるクリニックを選ぶのではなく、安全な製剤を取り扱っているクリニック、技術力のある医師を選ぶことがとても重要です。
施術をする医師によって、ボトックスも同じ施術でも効果が違ってくることがあります。ボトックスを注入する量や位置が適切でないと効果がなかったり、逆に効きすぎて表情が不自然になってしまうこともありえるのです。
また、使用しているボトックスの製剤を確認することもとても大切です。特に非常に安価な価格でボトックスを提供しているクリニックには注意が必要です。安全に施術を受けるためにも、厚生労働省の認可が降りている製剤を使用しているクリニックを選びましょう。

エラボトックスの名医・お勧めクリニック

エラボトックスの名医をご紹介します。

関連記事一覧