ふくらはぎの脂肪吸引

ふくらはぎの脂肪吸引で脚を細くして美脚になる

ふくらはぎが太いから自信をもって脚の出る服が着れない。たくましい脚をほっそりさせたい。
ふくらはぎが太くて悩んでいる女性は多いはずです。「ふくらはぎの脂肪吸引」をすれば、すらっとした女性らしい
美脚になることができます!
ふくらはぎが太いとスタイルが悪く見られがち。脚を出すようなスカートやピタッとしたパンツを履くのに自信を無くしてしまい、
いつも脚のラインを隠すようなファッションになってしまう人は多いのではないでしょうか。
また、ふくらはぎについた脂肪を落とすのはなかなか大変で、運動をすると筋肉がついてしまい、逆に足が太くなってしまうなんてことも。
ふくらはぎはダイエットで痩せるのも難しい場所なのです。
ふくらはぎの脂肪吸引は、ダイエットをせずにすらっとした細い女性らしいきれいな脚を目指せる治療です。

ふくらはぎの脂肪吸引とは

食事制限や運動で痩せるのが難しいふくらはぎ。誰もがすらっと細い脚になりたいと思っていますよね。
ふくらはぎの脂肪吸引は、ダイエットをしなくても、ふくらはぎを細くすることのできる魅力的な治療です。
ふくらはぎの脂肪吸引は、膝の裏側を5mmほど切開をし、そこの穴からカニューレを挿入し、ふくらはぎにある余分な
皮下脂肪を吸引していきます。
ふくらはぎは左右差が生じないよう、慎重にバランスを見ながら脂肪を取っていくことが大切です。
また脂肪を取りすぎてしまうような無理な吸引を行うと、皮膚が弛んでしまったり、きれいな形に仕上がらない可能性があります。
ふくらはぎの脂肪吸引は、太ももなどの部位と比べ、取れる脂肪の量が少なく、範囲も狭いため、腫れや痛みも少ない部位です。
腫れは3日くらいは浮腫んだ感じがあります。痛みも1~2日くらい筋肉痛のような痛みがあるかと思いますが、歩けなくなるほどでは全然ありません。
手術後は、着圧ストッキング等を履いて、しっかりと圧迫をします。圧迫をすることは、腫れや内出血を軽減させる効果があるのはもちろん、仕上がりの
形状にも関わってくるため、術後3日間くらいは特にしっかりめに行うことが重要です。術後1カ月~3カ月はできるだけストッキング等を着用すると良いでしょう。
ふくらはぎの脂肪吸引の完成は、だいたい3カ月くらいです。
太いたくましいふくらはぎも、脂肪吸引をすれば簡単にスリムな美脚になれるのです。

ふくらはぎの脂肪吸引 完成までの流れ

ふくらはぎの脂肪吸引の手術を受けて完成までの流れを紹介します。
まずふくらはぎの脂肪吸引をしてみたいなと思ったらクリニックを選びカウンセリングを受けいきます。脂肪吸引が適応なのか、どのくらいの脂肪が取れるかなど手術を行う医師と相談をしていきます。脂肪吸引の手術を行う場合は、感染症等を調べるために血液検査が必要です。
手術当日は手術前に医師と再度カウンセリングを行い、どのくらい脂肪を取るかなど細かい部分まで一緒にデザインをしてから手術となります。ふくらはぎの脂肪吸引は基本的に局所麻酔で行います。手術時間もだいたい1時間くらいで終わります。
手術後は着圧ストッキング等を着用し、最低3日間はしっかり圧迫を行います。皮膚のたるみを防ぐためや仕上がりの形を綺麗にするために圧迫をすることはすごく大切です。また、腫れや内出血を軽減させる効果もあります。より細く綺麗なふくらはぎを目指すため、ストッキングなど履いて1ヶ月〜3ヶ月間はなるべく圧迫を継続しましょう。
傷口の抜糸は通常7日目になります。腫れも翌日がピークで、そこからだんだん引いていき1週間ほどで7~8割は落ち着きます。
ふくらはぎ脂肪吸引は直ぐに効果が実感できる方もいますが、だいたい1ヶ月くらいで細くなったと感じることができます。完全な仕上がり状態になるのは3ヶ月後くらいです。

ふくらはぎの脂肪吸引の料金相場

ふくらはぎの脂肪吸引の料金の相場は、だいたい35万円〜45万円です。

関連記事一覧