グラマラスライン

グラマラスライン

とにかく目をぱっちり大きくしたい!可愛らしいたれ目になりたい!そんな風に大きな目に憧れを持っている方は多いでしょう。下眼瞼下制術をすれば、理想の大きいたれ目を実現することができるのです!
下眼瞼下制術をすると、目の幅が縦に広がり、黒目と白目の露出が増えるため、目がぱっちりと大きくなります。そしてたれ目になることで顔の印象が可愛らしくて優しい感じになり、女性らしさがより増すのです。モデルさんや外国人のような顔に憧れている方も、下眼瞼下制術をすれば、目が大きくなり顔の印象も柔らかくなるため、理想の顔に少し近づけるかもしれません。また、つり目や目の形に悩んでいる方にも効果的です。つり目だと顔がきつい印象になってしまいますが、たれ目をつくることでつり目は改善されて、顔も自然と優しい印象に変わります。顔の印象を少し変えたいという方にもぴったりな手術です。

マラスライン

下眼瞼下制術とは、下まぶたの目尻側の縁を下方に下げて、たれ目をつくることで目を大きくする手術です。
目を大きくして目力をアップさせたい方やたれ目にしたい方、さらにつり目を改善したい方にも適応する手術です。目が大きくなると共に、顔も柔らかく優しい印象に自然と変わります。
下眼瞼下制術では、下まぶたを少し下げることで縦の幅が広がって黒目と白目の露出が増えるため、目がとてもぱっちりして見えます。また、たれ目をつくることで顔は優しい雰囲気の顔になります。つり目できつい顔の印象が嫌だった方も、下眼瞼下制術をすればつり目は目立たなくなり、顔も可愛らしい印象になります。
傷跡も表面に一切残こすことがなく、大きいたれ目をつくることができるため、非常に人気のある手術です。また、他の二重の手術などと組み合わせるとより目力のある外国人のような目元や顔も目指すことができるのです。

下眼瞼下制術の治療法

下眼瞼下制術の手術方法と仕上がりまでの流れを紹介します。
下眼瞼下制術は、下まぶたの結膜側を切開する方法と皮膚側を切開する方法があります。その方の下まぶたの状態や希望するデザインによって切開方法を選択します。

・結膜側切開
下まぶたの裏側を切開する方法です。下まぶたを下方に引っ張って筋肉と結膜を縫い縮めて目を大きくします。まぶたの裏側を切開するため、表面に傷が一切できないのがメリットです。またこの方法の場合は、溶ける糸で縫合するため抜糸も必要ありません。
・皮膚側切開
下まぶたのまつ毛のすぐ下を切開する方法です。下まぶたを下げる筋膜を縫い縮め、下まぶたを下方に引っ張り、表面の余った皮膚を切除します。表面に傷はできますが、結膜側の方法に比べ皮膚を下げる幅を大きくできますし、後戻りも少ない方法です。また、逆さまつげの傾向がある方におすすめです。

下眼瞼下制術の手術から仕上がりまでの流れを説明します。
まず手術を受けよう思ったら、クリニックを選び、カウンセリングへ行きます。治療方法やどの方法で手術を行うかなどを話し合います。
手術をやると決めた場合は事前に感染症等を調べるため血液検査や胸部の心電図・レントゲンの検査が必要になります。
手術当日は手術前にもう一度医師とデザインなどの最終確認をしっかり行います。
下眼瞼下制術の手術は局所麻酔で可能ですが、痛みが心配な方は全身麻酔で対応もできます。
下眼瞼下制術の手術は、結膜側切開と皮膚側切開法があり、その方の希望するデザインやまぶたの状態を見て話し合い決定します。
まずは下まぶたの結膜側あるいは皮膚側を切開し、余分な筋肉や組織などを切除して下方に引っ張って下げます。形や左右差などを調整して、傷を縫合して終了です。全身麻酔で行った場合は、麻酔が覚めて気分が良くなるまで休みます。
下眼瞼下制術の手術時間はだいたい2時間程度です。
腫れは翌日がピークで、目立った腫れは2〜3日です。稀に白目の部分に腫れを生じることごあります。だんだん腫れは引き、1週間で7〜8割は落ち着きます。
皮膚側切開法で行った場合、傷口の抜糸は7日目後に行います。傷の赤みは3ヶ月くらいでなくなり、ほとんど目立たなくなります。
下眼瞼下制術の完全な仕上がりは、個人差がありますがだいたい3ヶ月〜6ヶ月です。

グラマラスラインのリスクと問題点

・不自然な仕上がり
下まぶたの皮膚を除去しすぎたり、縫合の際に下に引っ張りすぎることによって、仕上がりの顔に違和感を感じてしまうことがあります。
下まぶたの皮膚を下げすぎると三白眼になる場合があります。三白眼とは黒目の下の白目部分まで見えてしまう状態のことです。三白眼になると不自然で少し怖い感じになり、やりすぎ感がでてしまいます。また、皮膚を除去しすぎたり下げすぎたりすることで下まぶたが外反してしまうこともあり得ます。こちらも常にあっかんべー状態になるため違和感のある怖い目の印象を与えてしまいます。
この失敗を避けるためには、技術力の高い医師を選択することが重要です。
・後戻りがある
下眼瞼下制術は、後戻りをする可能性があります。 
術後1週間で2割、3ヶ月の経過で更に1割程の後戻りが起こってしまうことが多いです。
まぶたを下方に引っ張って縫合して固定するため、手術後に元の位置に戻ろうとする力が働いてしまい、ある程度の後戻りが生じてしまうのです。
手術では、後戻りすることを見込んで、少し大幅にまぶたを下げて調整していきます。そのため、術後は少し下がりすぎていると感じてしまうかもしれません。
・逆さまつげ
下眼瞼下制術をすると、逆さまつげになってしまうことがあります。
下まぶたの結膜側の組織を切除して、下方へ引っ張り縫合するため、下まぶたが内側へ傾いて逆さまつげになってしまうのです。
逆さまつげになってしまうと、常に目にゴミが入っている感覚になってしまい、ひどいとかゆみや涙が止まらない、充血してしまうというケースもあります。
逆さまつげになってしまった場合は、下まぶたの皮膚を切除して改善します。

下眼瞼下制術の手術料金

下眼瞼下制術の手術料金の相場は、45万円〜55万円です。

クリニックの選び方

下眼瞼下制術を受ける際に最も重要なことは、失敗をしないために下眼瞼下制術が上手な医師がいるクリニックを選ぶことです。
下眼瞼下制術は数㎜下まぶたを下げるだけで、目元の印象は大きく変わり、目をぱっちり大きくさせたい方にはとても効果的な手術です。しかし、未熟な医師による失敗例が多く、皮膚を下げすぎてしまったり切除しすぎてしまうと、仕上がりがとても不自然になってしまいます。失敗をすると修正手術が難しくなり、違和感がずっと残ってしまう可能性もあるのです。見た目的な問題だけではなく、目が閉じない、乾燥するなど機能にも問題が出てきてしまいます。
そのため下眼瞼下制術の手術が経験豊富で技術力の高い医師を選択することが、手術後のリスクを減らすために大切なことなのです。

関連記事一覧