豊胸術

豊胸術(シリコン)でバストアップする

確実なバストアップを目指すのならばプロテーゼがおすすめ。豊胸手術と言ったら1番に思い浮かぶくらいプロテーゼ挿入は主流の手術です。プロテーゼは、脇の下あるいは乳房の下を切開し、その部分からシリコン製のプロテーゼを乳房内に入れて胸を大きくする手術です。
プロテーゼを挿入する豊胸術は他の方法と比べて、大幅なサイズアップや、しっかり形を出すことが可能で、半永久に大きさや形を持続できます。また入れ替えができるため、大きさや形を変えることも可能なのです。プロテーゼ挿入は確実な効果を必ず実感でき、とても満足できる方法だと思います。
しかし、多くの方が心配されるのが、安全性です。確かに体に異物を入れるわけですから不安になるのは当然です。今、ほとんどのクリニックで使用されているプロテーゼは、「モティバ」と「コヒーシブシリコン」という豊胸バックです。これらのインプラントは外的な衝撃による破裂や体内で豊胸バッグが傷つくことで起こるジェル漏れなどの様々な問題を克服し、どちらも高い安全性が確立されていて、寿命も非常に長いです。また、仕上がりの形の不自然さや、異物反応で起きてしまうカプセル拘縮などのトラブルも起きにくく、見た目だけではなく触り心地までもが自然に仕上がるのです。
手術がこわい方、体内に異物を入れるのに抵抗がある方もいるともいますが、近年のプロテーゼはとても安全性に優れており、トラブルも少なく、見た目的にもとても自然に仕上がるため、安心して受ける事が出来るかと思います。
プロテーゼを挿入する手術は、その方のなりたい胸の大きさや形に合せて、プロテーゼの種類や大きさや形を選び、挿入位置などもその方に合わせてしっかり考えることができるため、より希望する自然な胸に近づけることができ、確実なバストアップが望める方法です。

シリコンを用いた豊胸術

豊胸術の実際

シリコン挿入の豊胸術は、その方の希望する胸の形や大きさ、挿入するシリコンの大きさによって切開する位置、挿入する位置や深さが変わってきます。

[切開位置]
・腋窩切開
脇の下を数センチ切開し、そこからシリコンバックを挿入して胸を大きくする方法です。傷が脇にできるためシワに馴染んで目立ちにくくなりますし、胸の周りには一切傷ができないため、豊胸の手術をしたことがバレることはないでしょう。
・乳房下溝切開
胸の下溝のしわの部分に沿って切開をし、そこからシリコンバックを挿入して胸を大きくする方法です。切開部分からバックを挿入するポケットの部分が近いためしっかり確認しながらの手術が可能です。また、他の部位から挿入することができない大きめのシリコンバックも挿入することができるため、大幅なサイズアップをしたい方に適しています。傷は胸の下溝部分にできますが、前から見れば胸で隠れてしまいます。
・乳輪切開
乳輪部分を切開し、そこからシリコンバックを挿入する方法です。乳輪の傷はきれいに治りほとんど目立たなくなりますが、胸の見える部分に傷ができてしまいます。また、乳輪の小さい方がこの方法で行うと傷が目立ってしまうためあまりおすすめはできません。
[挿入位置]
・大胸筋下
大胸筋を剥がしてその下にシリコンバックを挿入する方法です。3つの挿入位置の中で最も深い部分に挿入します。この方法は、元々胸の小さい方や胸の皮膚が薄い方、痩せている方に適しています。筋肉の下に挿入するため、バックの輪郭がわかりにくくなり、仕上がりの見た目や感触がより自然に感じられます。
しかし、筋肉を剥がしてその下にバックを入れるため、手術後の痛みが1番強いのがデメリットです。
・大胸筋膜下
大胸筋と乳腺の間にある筋膜を剥がして、その部分にシリコンバックを挿入します。この方法は、挿入したバックが筋膜に覆われるため、シルエットもわかりにくく、自然な仕上がりになります。型崩れをする可能性も少なく、人気の方法です。また、筋肉を傷つけることがないため、大胸筋下法と比べ痛みが少ないです。
・乳腺下
乳腺のすぐ下にシリコンバックを挿入する方法です。3つの挿入位置の中で一番浅い位置になります。筋肉や筋膜を剥がすことはないため、手術後の痛みやリスクが1番少ないです。また揺れた際の動きが柔らかく自然に見えるところがメリットです。しかし、胸が元々小さい方や皮膚の薄い方、脂肪のない方だとバックの輪郭が出やすくなり、仕上がりが不自然になってしまうため、この方法は向いていません。また、被膜拘縮を起こしやすいともいわれています。

豊胸術のリスクと問題点

シリコンバック挿入による豊胸術はメジャーでとても人気の手術です。しかしその分リスクや問題点など気をつけないといけない部分が多いのが現状です。シリコン挿入によるリスクや起こり得るトラブルをしっかり理解し手術に臨むことが重要になります。

・カプセル拘縮
カプセル拘縮とは、シリコンバックを胸に挿入することで体が異物反応を起こしてしまい、バックの周りに膜を作ってしまうことです。膜が縮むと硬くなってしまい、胸が不自然な形になり触り心地もとても硬くなってしまいます。カプセル拘縮の状態がひどくなると、シリコンバックが強く締め付けられて変形してしまったり、最悪破損してしまうトラブルにつながってしまうこともありえます。
カプセル拘縮を起きにくくするためには、手術後のマッサージが大切です。被膜がシリコンバックを覆う前にバックを定期的に動かすことで、被膜は破壊されて拘縮を起こしにくくします。
・左右差
元々、胸の形や大きさに左右差がある場合、シリコンバック挿入後も左右差が残ってしまう場合があります。逆にシリコンバックを挿入したことにより、胸の大きさや形や、乳首の位置などの左右差が生じたりするトラブルもあります。
また、カプセル拘縮やシリコンバックの破損などの影響で胸の形に左右差が出てしまう可能性も少なくはありません。
・不自然さ
シリコンバックの形が浮き出てしまったり、バックの波状のしわが透けて見えてしまうなど仕上がりの胸の形が不自然になってしまうことがあります。
元々胸の小さい方や脂肪が少ない方だとバックの形が浮き出て不自然な形に見えてしまう場合があります。また、バックが中で折れ曲がってしわが入ってしまい、そのしわが胸に浮き出てきてしまうケースも稀にあります。
・バック破損
日常的にシリコンバックが破損する可能性はとても低いですが、稀にバックが破損してしまうトラブルもありえます。万が一バックが破損しても体に悪影響のない素材が使用されていますが、そのまま放置すると炎症を起こしたり、最悪の場合は皮膚を突き破ってきてしまうこともあるのです。また、何十年とバックを入れ続けてることで劣化して破損を生じてしまう場合もあります。

豊胸術の費用の相場

シリコンバック挿入の豊胸術の手術料金の相場は、90万円〜100万円です。

クリニックの選び方

シリコンバックを挿入する方法で豊胸術をしたいけど、多くのクリニックの中からどこを選べばいいのだろ、、、と悩んでる方も多いはず。
シリコンバック挿入の豊胸術は確実な効果を実感できる分、大がかりな手術になります。経験豊富で技術力のある医師を選ぶのはもちろんのことですが、仕上がりのイメージを一致させることのできる医師を選ぶことが大切です。不安や疑問などを解決できないまま手術を受けると仕上がりに満足できず失敗したと感じてしまうことが多いです。失敗を避けるためにも事前のカウンセリングはとても重要で、しっかりリスクなども話してくれる信頼できる医師を選びましょう。また、シリコンバック挿入法はアフターケアもすごく大切で、仕上がりを左右するほどです。アフターケアもしっかりしてくれるクリニックを見極めましょう。
シリコンバック挿入法では、傷跡が気になる、胸の形が不自然などのトラブルが起こるほとんどが経験不足の医師によるものです。また、シリコンバック挿入法は将来の授乳に影響はないのですが、手術経験の少ない医師によって、乳腺が傷つけられてしまい授乳に障害が出てしまうというケースもありえるのです。
シリコンバック挿入法は他の豊胸術と比べて特に手術料金が高額です。ですから失敗は避け、一回で満足するためには経験豊富で技術力のある名医を選ぶことがとても重要です。

関連記事一覧