フォトフェイシャル

フォトフェイシャル

加齢と共に気になるようになってきたしみや肌のくすみ、小じわや毛穴など、、、手軽に改善できればいいのに、なんて思っている方は多いはず。その悩み、フォトフェイシャルで解消できます!
昔と比べ肌がくすんだ、しわが増えた、毛穴が目立つ、、、年を重ねるとお肌の様々なトラブルや悩みに直面します。だけど痛い治療は嫌だし、ダウンタイムがあると困るという方もいるのではないでしょうか。フォトフェイシャルは、痛みやダウンタイムもほとんどなく、気軽に受けることができる人気の美肌治療です。
さらにしみや肌のくすみ、小じわなどの改善だけではなく、ニキビ跡や赤ら顔の治療としても効果が期待できます。
フォトフェイシャルは、肌の負担を最小限に抑えることができるため安心して肌の様々なトラブルを解消できるところが魅力です。

フォフェイシャルIPL

フォトフェイシャルとは、IPL(Intense Pulsed Light)と呼ばれる複数の波長を含んだ特殊な光を肌に照射し、様々な肌トラブルを改善する治療です。
このIPLという光は、肌の黒色や赤色に反応するため、1回のフォトフェイシャルによって、しみやくすみ、ニキビ跡、赤ら顔など様々な色調に関する複数の肌の悩みを改善できるところが魅力的な美肌治療です。また、光の温熱効果により、肌細胞が活性化され、肌の新陳代謝であるターンオーバーを正常化させる働きもあるため、毛穴の引き締まりや小じわの改善にも効果的です。
フォトフェイシャルは、優しい光を照射するため、肌が損傷されず、ほとんどダウンタイムがなく、様々な肌トラブルを改善できることが最大のメリットです。施術後もすぐにメイクが出来ますし、日常生活の制限は一切ありません。ただ、1回で実感できる効果が緩やかなため、1ヶ月に1回ペースを定期的に数回行うことが理想的です。

フォトフェイシャルの効果

フォトフェイシャルの光は、1度の照射で同時に様々なお肌の悩みにアプローチができます。定期的に数回施術を行うことで、徐々に効果を実感することが可能です。

・しみやくすみの改善
フォトフェイシャルをすることでシミが薄くなったり、肌のくすみが改善されます。
フォトフェイシャルの光は、黒い色素に反応するため、過剰に生成されたメラニン色素に照射し分解させることで、皮膚の代謝によってメラニン色素が浮き上がり、徐々にしみやくすみは薄くなっていきます。しみや肌のくすみが改善されていくと、顔全体の肌の色がワントーン明るくなり、透明感のある肌へ導いてくれます。また、ビタミンCを肌に浸透させるイオン導入などを組み合わせることで、より効果的な治療が行えます。
ただし、皮膚の深い所にまでメラニン色素がしみこんでいるしみに対しては、なかなか効果が出ない場合もあります。
・ニキビ跡や赤ら顔の改善
赤みのあるニキビ跡や赤ら顔の改善も期待できます。フォトフェイシャルの光は、ヘモグロビンの赤色にも反応するため、毛細血管が拡張し肌から透けて見えてしまうことで生じる赤ら顔を改善することが可能です。毛細血管を収縮させて肌表面の赤みを目立ちにくくします。赤みの帯びているニキビ跡にも効果的です。
・小じわや毛穴の改善
フォトフェイシャルをすることで、コラーゲンなどをつくり出す線維芽細胞が活性化されます。その結果、コラーゲンの生成が促されるため肌が内側からふっくらしハリがでて、肌が厚くなり、小じわが目立ちにくくなります。また、肌にハリが出ることで毛穴の引き締め効果も実感できます。

フォトフェイシャルの料金相場

フォトフェイシャルの施術料金の相場は、1回顔全体で3万円〜5万円です。

クリニックの選び方

複数のお肌のトラブルを同時に治療できるフォトフェイシャルですが、受ける医師によって効果に差が出てくるため、クリニック選びは慎重に行いましょう。
まずフォトフェイシャルは医療機関のみで行える治療です。よくエステサロンでもフォトフェイシャルといって施術を提供しているところを見かけますが、それはフォトフェイシャルのエステ向けの機械であって、出力も低く効果もあまり実感できない事が多いため、注意が必要です。
フォトフェイシャルはレーザー治療とは違い、肌への負担も少なくダウンタイムもほとんどないため、何かトラブルにつながることはほぼないのですが、稀に技術不足の医師による火傷などの失敗が起こることがあります。また、フォトフェイシャルの経験や美容皮膚科の知識が不足している医師だと、適応がないのに施術をしてしまって全く効果がないことや照射の方法が不十分で意味がないということもあり得ます。そういったトラブルにつながらないためにも、しっかりクリニックや医師選びをするようにしましょう。

関連記事一覧