下眼瞼切開

下眼瞼切開で目の下のたるみを一気に解消し、見た目年齢を若返らせる。

加齢とともに目元がたるみ、小じわがふえてきた、、、そんな方は下眼瞼切開の手術でその悩みを解消しましょう。
年を重ねるにつれ、顔の中でも一番年齢が表れやすい部位が目元です。特に下まぶたの皮膚のたるみや膨らみ、細かくできる小じわに悩んでいる方は多いのではないでしょうか。下まぶたの皮膚がたるんでいると、より老けているように見える原因になってしまいます。また、皮膚のたるみが大きいとぼこっと膨らみができ、それが影になってしまいクマができて目立ってしまうこともあります。たるみに加えてクマが目立つと、暗くて疲れている顔の印象になってしまうのです。
下まぶたの余分なたるみや脂肪を除去することで、スッキリと若々しい目元を実現することが可能です!また、目の下の細かいしわに悩んでいる方も、下眼瞼切開をすればしわが解消されハリのある肌を取り戻すことができるのです。

下眼瞼

下眼瞼切開とは、下まぶたのたるんだ皮膚や膨らみの原因となっている余分な脂肪を切除して、目元を若返らせる手術です。
下まぶたのまつ毛の下を切開し、余分な皮膚や脂肪を除去して皮膚を引き上げます。傷はまつ毛で隠れますし、ほとんど目立ちません。
この手術は、目元の皮膚が大きくたるんでいる方や、たるみによって影クマができてしまっている方に適応する手術です。
下まぶたの皮膚のたるみは、老け顔に見えてしまう原因のひとつです。また、クマや膨らみがあると、常に疲れているような印象を与えてしまいます。この手術では、その原因となる皮膚のたるみや膨らみを解消できるため、仕上がりは目元がとてもスッキリし、目元にハリを与えてくれます。また、目元の小じわに悩んでいる方にも効果的で、皮膚をピンと伸ばすことができるため、細かい小じわも改善することが可能な手術なのです。
下眼瞼切開の手術で、悩んでいた下まぶたのたるみを解消し、若々しい目元を取り戻しましょう。

下眼瞼切開の治療

下眼瞼切開の手術の治療から仕上がりまでの流れを説明します。
まず手術を受けたいと思ったら、治療方法などを聞きにクリニックを選び、カウンセリングを受けに行きます。
手術を決めた場合は事前に感染症等を調べるために血液検査が必要になります。
手術当日は手術前に再度医師と手術の流れやデザインなどの最終確認をします。
下眼瞼切開の手術は局所麻酔で行います。
下まぶたのまつ毛生え際の下をまぶたのラインに沿って切開します。たるんだ余分な皮膚や膨らみの原因となる脂肪を除去します。皮膚を引き上げて左右差の調整や皮膚のつっぱりがないかなどの確認をして、切開部分を縫合して終了です。
手術時間はだいたい2時間程度です。
腫れは翌日がピークで、目立った腫れは2〜3日です。だんだん腫れは引き、5日くらいで7〜8割は落ち着きます。内出血が出た場合は、完全に消えるまで1〜2週間かかることがあります。手術後は傷の部分にテープを貼り、抜糸をするまで圧迫を行います。重力で皮膚が下がるのを防ぐためと腫れを抑えるためにテーピングはとても重要です。
傷部分の抜糸は5〜7日後に行います。抜糸までは傷に糸がついているのが見てわかる状態です。
傷の赤みは2〜3ヶ月くらいから徐々に消えていきます。傷はメイクをすれば、ほとんど目立ちません。
下眼瞼切開の完全な仕上がりは、個人差がありますが3〜6ヶ月です。

下眼瞼切開のリスクと問題点

・傷跡が目立ってしまう
通常下眼瞼切開の傷は、下まぶたのまつ毛の生え際ギリギリを切開するため、傷の赤みが消えればほとんどわからなくなるのですが、稀に傷跡が目立って残ってしまうことがあります。
技術力のない医師による手術だと、ギザギザの線として傷が残ったり、デコボコしてしまうこともあり得るのです。また、傷の治りが遅いと、なかなか赤みが消えず、しばらく傷が目立って見えてしまう場合もあります。
・外反や下三白眼が起こる
まぶたが下に引っ張られ、まぶたがひっくり返ってしまい結膜が見えてしまう状態になったり、白目部分が多く出過ぎてしまったりして違和感のある仕上がりになってしまうことがあります。原因は皮膚の取りすぎや傷の治る過程で皮膚が硬くなって縮んでしまう拘縮によるものがほとんどです。
外反や下三白眼になってしまうと見た目の問題だけではなく、目が完全に閉じなくなり、目が乾燥したり角膜が傷ついてしまう場合もあるのです。
また、修正で治すことが困難になってしまうため、皮膚を取りすぎないように気をつけながら手術をすることが重要です。
・下まぶたにへこみができる
下まぶたの脂肪を過剰に取りすぎてしまうと、まぶたにへこみができてしまうことがあります。へこみができてしまうと、見た目が不自然なだけでなく、若返り手術をしたのにより老けた印象になってしまいます。
ただ多く脂肪を除去すればいいのではなく、バランスを見ながら調整しなければなりません。未熟な医師の手術に多いトラブルです。

下眼瞼切開の料金の相場

下眼瞼切開の手術料金の相場は、35万円〜45万円です。

クリニックの選び方

下眼瞼切開の手術を受ける際に1番重要なことは技術力のある医師を選ぶことです。
手術料金が安いから、有名だから、と言ってクリニックを選ぶと失敗のリスクが高まります。
未熟で技術力のない医師による下眼瞼切開の手術で、違和感のある目になった、不自然になったというケースが非常に多いです。
皮膚をどのくらい取り除くか、脂肪をどのくらい除去するのかは医師の判断によるところが大きいため、下眼瞼切開の手術の経験が豊富な医師を選ぶことが大切になってきます。皮膚を取りすぎると結膜が見えてしまったり白目が出過ぎたりしてとても違和感のある目元になってしまいます。また、脂肪を取りすぎるとまぶたがへこみ、逆に見た目が老けてしまったなんてことも多いのです。
下眼瞼切開で失敗してしまった場合、修正手術が非常に難しくなります。せっかく綺麗になる手術を受けたのに、、、なんてことにならないように医師選びはしっかり行いましょう。

皮膚を切らずにたるみ、膨らみを解消する方法を知っていますか?

関連記事一覧