コメカミリフト

コメカミリフト

目元全体のたるみをどうにかしたい、目元のたるみをなくして若返りたい、そんな悩みを抱えている方にはこめかみリフトの手術がおすすめです。
目元のたるみはまぶたの皮膚を切除すれば改善される症状もありますが、目尻の外側や頬上部のたるみはこめかみリフトでないと引き上げることができません。
眉毛外側や目尻にたるみが生じると一気に老けた印象になってしまいます。また、垂れ下がってしまった目元を少しつり目気味にしたいという方にもこめかみリフトは適しています。
目元のたるみが解消されるだけで顔はすっきりと若返ります。顔の印象を変えずに目元の部分的な若返りが確実にできるのはこめかみリフトなのです。

コメカミフト

こめかみリフトとは、こめかみを切開し皮膚を引き上げ切除し、目元全体のたるみをなくす手術です。
まぶたのたるみはまぶたの皮膚を切除すれば解消されますが、目尻側のたるんでいる皮膚はなくなりません。こめかみリフトでは、眉毛外側や目尻、下まぶた、頬上部のたるみを改善することが可能です。さらに目元のしわも同時に改善することができます。
目元のたるみ具合やどのくらい引き上げたいかで切開する位置が髪の毛の生え際か頭の中かで変わってきます。どちらの方法で切開を行っても傷跡がほとんど目立たないところがこめかみリフトの魅力でもあります。
たるんでハリがなくなってきた目元はとても老けた印象を与えてしまいます。こめかみリフトで目元全体のたるみを解消し、すっきりと若々しい印象を手に入れましょう。

こめかみリフトの治療の流れ

こめかみリフトの手術から仕上がりまでの流れを説明します。
まず手術を受けたいと思ったらカウンセリングを受けに行きましょう。治療の説明やどのくらい皮膚を切除し引き上げるかなどを話し合います。
手術をやると決めた場合は事前に感染症等を調べるため血液検査や麻酔の種類によっては胸部の心電図・レントゲンの検査が必要になります。
手術当日は手術前にもう一度医師とデザインなどの最終確認をします。
こめかみリフトの手術は局所麻酔で対応可能ですが、痛みが心配な場合は全身麻酔で行います。
こめかみリフトの手術についてですが、切開方法が2つあり、切開する位置でリフトアップ効果が変わってきます。
髪の毛の中を切開する方法と髪の毛の生え際を切開する方法があり、皮膚のたるみ具合やどのくらい引き上げたいかで切開部分を決めていきます。髪の毛の生え際切開の方がよりリフトアップ効果を感じることができる方法です。
こめかみ部分の生え際または髪の毛の中の皮膚を切開し、骨から皮膚と筋肉を剥離していきます。剥離した皮膚や筋肉を斜め上に、引き上げて固定します。余分な皮膚を切除し切開部分を縫合し終了です。
手術時間はだいたい2〜3時間程度です。
腫れは、3日くらい目元周辺に生じますが、だんだん落ち着いていき、1週間で7〜8割の腫れが引きます。
手術後1週間は腫れや内出血を最低限に抑えるためにフェイスバンテージで圧迫を行うようになります。
生え際の抜糸は7日目、髪の毛の中の抜糸は10〜14日目で行います。
傷ですが、髪の毛の中の場合は全くわかりません。生え際部分の切開も髪の毛で隠すことができますし、傷の赤みは3ヶ月くらいでなくなるため、ほとんど目立たなくなります。
こめかみリフトの完全な仕上がりは、個人差がありますが3〜6ヶ月です。

こめかみリフトのリスクと問題点

・傷跡が目立つ
通常傷跡はほとんど目立たなくなりますが、赤みがしばらく残ってしまったり、傷が盛り上がって目立ってしまうことがあります。髪の毛の中の傷は隠れてしまうためほぼ目立つことはありませんが、生え際切開法をした場合は、髪の生え際に傷ができるため、髪型によっては傷が目立ってしまう場合があります。
また、ケロイド体質の方は、傷跡がケロイド化してしまい目立ちやすくなってしまうことがあります。
医師の技術力によっても傷の目立ちやすさは変わりってくるので、経験豊富な医師を選ぶことはとても大切なことです。
・神経障害
手術の際にこめかみや額付近の顔面神経が引っ張られたり、傷つけられたりすることで麻痺してしまったり知覚が鈍くなったりすることがあります。そうなった場合、眉毛を挙げにくい、まぶたが閉じにくいなどの症状が出てしまう可能性があります。通常、神経麻痺は時間が経てば改善されるものですが、稀に後遺症として残ってしまうこともあります。
・引き上げが物足りない
手術後、皮膚の引き上げが足りないと感じることがあります。特に髪の毛の中の切開法は生え際切開法に比べて皮膚の引き上りが弱いため、思っていたより引き上がっていないと感じることがあります。
こめかみリフトは通常のフェイスリフトや頬リフトに比べ皮膚の硬い部分を切開し引き上げていくため、切開部分付近は引き上げ効果が強くなりますが、切開部分から離れている部分の引き上げ力が弱くなってしまいます。そのため目尻はかなり引き上げられたけど、頬上部辺りの引き上げ効果が物足りないと感じることあるかもしれません。

こめかみリフトの費用の相場

こめかみリフトの手術料金の相場は、45万円〜60万円です。

クリニックの選び方

こめかみリフトの手術を安心して受けるためには技術力が高く、経験豊富な医師を選ぶことが重要です。
フルフェイスリフトや頬リフトに比べて手軽に手術が受けれてダウンタイムの少ないこめかみリフトですが、手術をする医師の腕によって仕上がりが変わりますし、リスクが高くなる可能性があります。知識や経験不足の医師によるトラブルが多く、神経損傷や脱毛、皮膚をむやみに引き上げ過ぎてしまい不自然な仕上がりになったり、左右差が目立ってしまったりということが起きてしまいます。傷跡の目立ちやすさも医師の腕によって変わってくるのです。
最近では安価な料金で手術が受けれるクリニックが多くあります。しかし、料金の安さだけでクリニックを選ぶことは失敗につながってしまうことが多いです。リスクを避けるためには、料金の安さや知名度で手術を受けるクリニックを選ぶのではなく、技術力があり、こめかみリフトの手術経験が豊富な医師がいて、アフターケアや施術によるリスクなども事前にしっかり説明してくれるクリニックを選ぶことが手術を成功させる大切なポイントです。

関連記事一覧