脂肪吸引

脂肪吸引で太ももを細くする

脚が太いからシルエットの出やすいパンツスタイルには抵抗がある。いつもロングスカートやワイドパンツを履いて脚を隠している。
でも短いズボンやぴったりとしたパンツを履きこなしてみたい。すらっとした細い脚になりたい。こういった悩みを持っている人は多いのではないでしょうか。
あなたのその悩み「太ももの脂肪吸引」で解消できます!
太ももは脂肪がつきやすく、一度ついてしまうと落とすのがすごく大変な部位です。ダイエットをしてもなかなか効果が得られず、諦めてしまう方も多いはず。その悩みは脂肪吸引で解決できます。太ももの脂肪を取り除き、太もものボリュームもなくなれば、すらっとした美脚を目指すことができるのです。

太ももの脂肪吸引とは

太ももは脂肪がつきやすく、なかなか落ちにくい部位です。太ももの脂肪吸引は部分痩せができる点でとても魅力のある手術です。
太ももの付け根部分を数箇所5ミリ程切開し、そこからカニューレを挿入し太ももの皮下脂肪を吸引していきます。
左右で太さが違くならないように、バランスをみて調整しながら吸引を行なっていきます。
太ももの脂肪吸引は他の部位と比べて取れる脂肪の量も多く、吸引する範囲も広いため多少痛みや腫れを感じやすい部位になります。腫れはだいたい1週間くらいで落ち着きますが、手術後は筋肉痛のような痛みが出る場合があるため、数日の安静が必要です。
手術後はガードルなどを履いて太ももの圧迫固定をおこないます。この圧迫は皮膚のたるみを防ぎきれいな形をつくるためにとても重要です。また、内出血や腫れを軽減させる効果もあります。圧迫をしっかりするかしないかで仕上がりが変わってくるほどなのです。
太ももの脂肪吸引の最終的な仕上がりはだいたい3ヶ月後になります。
太ももは脂肪吸引の適応があり、経験のある医師を選べば確実に効果のでる部位です。

完成までの流れ

太ももの脂肪吸引の手術を受けて完成までの流れを紹介します。
まず脂肪吸引をしたいと思ったらカウンセリングへ。脂肪吸引の適応があるか、どのくらいの脂肪を取るかなど手術を行う医師と相談します。手術を行う場合は、感染症等を調べるために血液検査が必要です。
手術当日は手術前に医師と再度カウンセリングを行い、どのくらい脂肪を取るか、細かい部分まで一緒にデザインをしてから手術となります。脂肪吸引の麻酔は基本局所麻酔で行いますが、脂肪を取る範囲が広い場合は全身麻酔で手術を行うこともあります。太ももの場合は、ポイントであれば局所麻酔で対応できますが、全周囲になると広範囲のため全身麻酔で行うクリニックがほとんどです。手術時間ですが、ポイントで行う場合は1時間30分程で、全周囲だと4~5時間程かかります。
手術後はガードルやストッキングなどを着用し、最低1週間はしっかり圧迫を行います。圧迫は仕上がりの形状を左右するくらい大切です。また、腫れや内出血を抑える効果もあります。術後1~3ヶ月はなるべく圧迫を行うようにしましょう。
傷口の抜糸は通常7日目になります。腫れも翌日がピークで、そこからだんだん引いていき1週間ほどで7~8割は落ち着きます。
太ももの脂肪吸引は直ぐに効果が実感できる方もいますが、だいたい1ヶ月くらいで細くなったと感じることができ、完全な仕上がり状態になるのは3ヶ月経ったくらいです。

太ももの脂肪吸引の料金

太ももの脂肪吸引の料金の相場ですが、ポイント吸引だと25万~35万円。
全周囲の脂肪吸引を行う場合は、75万~85万円です。

関連記事一覧