埋没法

埋没法で叶える自然で美しい二重まぶた

二重にしたいけど手術はなんだかこわい、、、となかなか整形に踏み出せない方は多いのではないでしょうか。そんな方は埋没法で二重をつくりましょう。
毎日アイプチをしたりメイクに時間がかかって面倒だから二重をつくりたい、だけど傷ができるのはこわいし嫌だ、、、という方が多くいらっしゃいます。そんな方にぴったりなのが埋没法。埋没法の手術は切開などを一切行わず、まぶたを糸で留めて二重をつくるためダウンタイムも切開法に比べて格段に少ないですし、なにより傷跡が残らないことが最大のメリットです。
切開はこわいし傷跡が残るのが嫌だ、長いダウンタイムを取れない、なんて方におすすめの手軽に受けることができるプチ整形です。また、形が気に入らない場合や元に戻したいと思ったときに、糸を取れば元の状態に戻りますし、すぐに修正も可能です。

埋没法

埋没法とは、まぶたの内側を数ヵ所糸で留めて二重をつくる整形手術です。手術方法は挙筋法と瞼板法と2つありますが、どちらも糸でまぶたを留めて二重をつくるため傷は一切できませんし、ダウンタイムもほとんどないのがこの手術の最大のメリットです。抜糸も必要なく、腫れも2.3日でほとんど落ち着きます。埋没法は非常に手軽に受けることのできる二重整形です。
しかし、埋没法には適応があり、まぶたの皮膚に厚みやたるみがある方は埋没法をしてもすぐに取れてしまう可能性が高いです。まぶたの皮膚に厚みもたるみもない方は埋没法が適応で、長い方だと、何十年と二重が持つ方もいるのです。
また、埋没法は糸を取り除けば元の状態に戻ってしまいます。そのため、仕上がりの形が気に入らなかったり、もう少し形を変えたいと思ったときにすぐに修正ができるのもメリットです。

治療の流れ

埋没法の手術方法と仕上がりまでの流れを紹介します。

・瞼板法
まぶたの皮膚とまぶたの縁にある瞼板という部分を糸で固定し、二重をつくる方法です。瞼板法は腫れにくいのが特徴です。
・挙筋法
瞼板ではなく、筋肉と皮膚を糸で留めて二重をつくる方法です。瞼板法とは違い、筋肉に糸を留めるため、よりくっきりした二重をつくることが可能です。しかし、筋肉に糸を留めることで、筋肉を傷つけてしまう可能性があるため、将来眼瞼下垂になりやすくなってしまいます。

埋没法の手術の治療から仕上がりまでの流れを説明します。
まず手術を受けたいと思ったら、治療方法などを聞きにクリニックを選び、カウンセリングを受けに行きます。
手術を決めた場合は事前に感染症等を調べるために血液検査が必要になります。
手術当日は手術前に再度医師と手術の流れやデザインなどの最終確認をします。
埋没法の手術は局所麻酔をして行います。
皮膚の内側に糸を通し、挙筋や瞼板へ2〜4ヶ所程固定し、二重のラインをつくります。
手術時間はだいたい20〜30分程度です。
腫れは翌日がピークで、目立った腫れはほとんどなく、腫れは2〜3日で落ち着きます。内出血が出た場合は、完全に消えるまで1週間くらいかかることがあります。
埋没法は抜糸は必要ないため、その後の検診も特に問題がなければ必要ありません。
傷部分の点々とした赤みも1週間くらいで徐々に消えていきます。メイクをすれば、ほとんどわかりません。
埋没法の完全な仕上がりは、個人差がありますが1ヶ月くらいですです。

埋没法のリスクと問題点

埋没法は手軽に二重をつくることができるプチ整形ですが、その反面リスクや問題点もあるため、事前にしっかり確認をして手術を受けることが大切です。

・永久的ではない
埋没法でつくった二重は永久的なものではありません。長い方ですと何年、何十年と持つ方もいますが、いずれ元の状態に戻ってしまいます。また短い方ですと1年以内に糸が取れてしまう方もいます。埋没法をしてもすぐに元に戻ってしまう方は切開法を考えた方がいいかもしれません。また、糸は何かの衝撃で取れてしまうことが多いため、目を擦る行為なども注意が必要です。
・手術が不適応な方がいる
埋没法は誰もが適応する手術ではありません。まぶたの皮膚が厚い方やたるみがある方には埋没法は向いていません。そのため、手術をしてもすぐに取れてしまう可能性が非常に高いです。埋没法は余分な皮膚や脂肪を除去することができないため、まぶたの皮膚が厚いとなかなか二重のラインをつくることが難しいです。まぶたの皮膚が厚い方やたるみのある方は切開法で二重をつくることをおすすめします。
・糸がぽこっと飛び出る
目をつぶると、まぶたに埋めた糸がぽこっと盛り上がって見えてしまうことがあります。これはまぶたに糸が埋め込まれることで起こる異物反応の症状です。糸は異物なので、体内に入ると糸の周囲はコラーゲンに覆われて被膜という膜ができてしまい、その結果まぶたの表側にぽっと盛り上がりができてしまいます。この症状は徐々に改善されることがありますが、悪化すると糸が露出してきたり、そこから感染、化膿してしまう可能性もあるため、早めに検診を受けるようにしましょう。

埋没法の料金

埋没法の料金相場をご紹介します。実はこの相場を調べる上で非常に問題となったのが相場価格への矛盾です。なぜなら3万円前後で表記している美容外科に実際の見積もりをとったら30万円を超えることが判明。実際の平均金額がホームページ等の表記価格との間に大きなズレが生じていることが多い。
ですので手術時間、治療の技術内容等を吟味してそれを適正価格として表記しています。

埋没法=100,000150,000

これが適正価格ではないでしょうか。
もちろん、個人差はあるでしょう。
しかし、埋没法の技術的な問題を考慮してもそこで発生する個人差というのは大きな差はないと考えています。
注意すべきは埋没法の似非バリエーションの豊富さです。現実的に特別な埋没法というものは存在しません。しかし、一部の美容外科の埋没法にはさまざまな名称をつけくわえあたかも特別な埋没法という印象を与え、治療価格を大幅に引き上げる詐欺的行為が見られます。
残念ながらそのような美容外科に治療技術なんてありません。キレイになりたい方、コンプレックスを抱えている方に対しつけ込む悪質な行為であると考えます。

クリニックの選び方

埋没法の手術は簡単にできるからといって、どこのクリニックで受けても同じだと思っていませんか?失敗やリスクを避けるためにも手術を受けるクリニック選びはしっかり行うことが大切です。
埋没法でも医師やクリニック選びで仕上がりの満足度は変わってきます。最近埋没法はとても安い価格で受けれるところが多いみたいです。しかし、その安さに惹かれてクリニックを選ぶことで、仕上がりがイメージと違う、形が不自然、あんまり変わっていない、などという失敗が起きる可能性が高くなります。それは、経験不足の医師による手術だからです。安い価格で手術を提供しているクリニックは未熟の医師が多いのが現状です。技術不足の医師による手術だと、見た目的な問題以外にも傷がついてしまったり、炎症を起こしてしまうトラブルにもつながります。そのため、埋没法の手術を受ける際にも経験豊富な医師を選ぶことが大切なのです。
また、ホームページなどで見た料金とは違い、カウンセリングに行ったら追加で料金を請求されてしまうケースも多くあるみたいなので気をつけるようにしましょう。

埋没法の名医・おすすめクリニック

安心して埋没法を受けることができる”埋没法の名医・おすすめの美容外科”をご紹介します。是非、参考になさって下さい。

関連記事一覧