目頭切開

目頭切開

目の幅を広げて目を大きくしたい、蒙古ひだをなくして目元をスッキリさせたい、パッチリ平行型の二重を手に入れたい、、、とにかく目を大きくパッチリ見せたい方には、目頭切開の手術がおすすめです!
蒙古ひだがまぶたにかかっていると、目は小さく見えますし、少しきつい印象になりがちです。また、二重の手術をしても蒙古ひだがあるせいで平行型の二重になれない!という方も多いのではないでしょうか。目頭切開をして、蒙古ひだをなくすだけで顔の印象は大きく変わります。目が小さくて、暗いきつい印象だったのが目をパッチリさせることで、一気に可愛らしく華やかな印象になります。また、今まで憧れていた外国人のような平行型の二重にすることもできるのです。
とにかく目を大きく見せたい!目元や顔の印象を大きく変えたい!そんな方は目頭切開で自分の理想の目を手に入れましょう。

目頭

目頭切開とは、目頭部分にかかっている皮膚を切開して横幅(内側の方向に)を広げる手術です。
目頭にかぶさっている皮膚を「蒙古ひだ」と言います。蒙古ひだがあると、目が小さく見えたり、目と目の間が離れて見える原因になります。目頭切開の手術では、その蒙古ひだを切除し、目頭の粘膜の部分を広げて目の横幅を大きくします。
蒙古ひだがなくなると、目元はとてもスッキリし、目元や顔の印象が華やかに変わります。
また、目が離れているのを改善したいという方にも効果的で、目と目の間が狭まり顔のバランスも整います。
他の目元の手術と組み合わせて行うとさらに効果的で、二重の手術と一緒に行うことで、平行型のパッチリした二重をつくることもできるのです。
目頭切開の手術で蒙古ひだを切除して、ぱっちり大きな目を実現しましょう。

目頭切開のリスクと問題点

目頭切開は皮膚を数㎜切開するだけで、効果が実感でき見た目も大きく変化します。しかしその分リスクが高くなり、失敗例も多い手術です。顔でも目立つ部位のため、手術を受ける際はしっかりデメリットやリスクを知っておくことが大切です。

・傷跡が目立つ
目頭切開をして傷跡が目立ってしまう可能性があります。
目頭切開の傷は通常目立なくはなるのですが、メイクをしなければ傷があることがわかってしまいます。また、体質などの問題もありますが、目頭の傷は他の部位と比べて硬くなって盛り上がってしまうことが多いです。赤みも残ってしまう場合もあり、そうなると傷跡は結構目立ってしまいます。傷跡が気になる場合は、修正やレーザーで治療するのですが、完全に傷を目立たなくすることは難しいでしょう。
・切開しすぎてしまう
目頭の皮膚を切開しすぎてしまうと、結膜部分が多く露出してしまい仕上がりが不自然になってしまいます。また、目が近づきすぎて寄り目のようになってしまったり、顔とのバランスも悪くなり、顔もきつく怖い印象になってしまいます。修正で治すことも可能ですが、完全に元に戻すことはできません。
皮膚を切りすぎてしまうケースは、未熟な医師だった場合に起こることが多いです。
・形が不自然
目頭の切開部分の形が不自然で明らかに整形をしたことがわかる仕上がりになってしまうことが稀にあります。
未熟で技術不足の医師による手術の影響が多いです。
目頭だけ吹き出しのように先が尖ってしまったり、左右で形が違うなどのトラブルにつながってしまうと、明らかに不自然な目になってしまいます。修正をしても改善されないということも多いため、医師選びは慎重に行いましょう。

目頭切開の治療

目頭切開の手術方法と仕上がりまでの治療の流れを説明します。

目頭切開の切開方法ですが、大きく分けて2つの方法があります。

・W法
W法は、目頭部分にW型に切開し縫合する方法です。目頭部分にW型に切開をした後、蒙古ひだの余分な皮膚を切除して、Wの真ん中の皮膚を引っ張り目頭を広げます。
W法は、上下にも目頭が少し広がるので、ぱっちり大きな目にしたい方に向いてます。
また、形の微調整を行うことも可能です。
W法はデザインが簡単な分、ミスが少ない方法ですが、傷跡は少し長くなってしまいます。
・Z法
目頭部分をZ型に切開し縫合する方法です。
Z型に切開し、二つできた山の皮膚弁を入れ替えることで目頭を広げます。
W法よりも切除できる皮膚は少ないですが、自然な仕上がりになり傷跡も短く目立ちにくいです。また、後戻りや傷部分の引きつれなども起こしにくい方法です。

目頭切開の手術から仕上がりまでの流れを説明します。
まず手術を受けたいと思ったら、クリニックを選び、カウンセリングへ行きます。治療方法やどの切開方法で手術を行うかなどをしっかり話し合います。
手術をやると決めた場合は事前に感染症等を調べるため血液検査が必要になります。
手術当日は手術前にもう一度医師とデザインなどの最終確認をしっかり行います。
目頭切開の手術は局所麻酔です。
目頭部分をW型あるいはZ型に切開します。
余分な皮膚を切除し、目頭を広げます。傷を縫合したら終了です。
目頭切開の手術時間はだいたい1時間程度です。
腫れは翌日がピークで、目立った腫れは2〜3日です。だんだん腫れは引き、1週間で7〜8割は落ち着きます。
傷口の抜糸は7日目後に行います。抜糸をした後に傷の盛り上がりを防ぐためにテープで固定をします。テープはなるべく貼るようにしたほうが傷が綺麗に仕上がります。
傷の赤みは3ヶ月くらいでなくなり、ほとんど目立たなくなります。目頭の傷は固くなるのですが、1ヶ月がピークでそこからだんだん柔らかくなっていきます。
目頭切開の完全な仕上がりは、個人差がありますがだいたい3ヶ月〜6ヶ月です。

目頭切開の費用の相場

目頭切開の手術料金の相場は、15万円〜25万円です。

クリニックの選び方

目頭切開は数㎜の切開の差で顔の印象が大きく変わってしまう手術です。顔の中でも目立つ部分でもあるため、傷が目立ってしまったり目頭を切りすぎてしまうと違和感のある顔になってしまいます。そのような失敗が起きないように注意するべきことは、手術をするクリニックや医師をしっかり選ぶことです。
失敗しないために重要なポイントは腕の良い医師に手術をしてもらうこと。また、事前のカウンセリングで自分の希望がしっかり伝わっているか、自分に合ったデザインや方法を提案してくれるかなど確認することも非常に重要です。
クリニックの知名度やなんとなく良さそうという気持ちでクリニックを選んでしまうと未熟で経験不足の医師による失敗のリスクが高くなる可能性があります。仕上がりに納得いくためには、経験豊富で技術力のある医師がいるクリニックを選びましょう。

関連記事一覧