目尻切開

目尻切開

目の横幅を広げて大きくしたい、切れ長の目になりたい、そんな希望をお持ちの方は目尻切開の手術が最適です。
目の横幅が狭いと目は小さく見えてしまい、少しきつい印象を与えてしまします。目の横幅を少し広げるだけで、目は自然な印象のまま大きくなり、可愛いらしい印象に変わります。今まで、二重だけど目の横幅が狭いから目が大きく見えない、、、目が小さい、、、と悩んでいた方は目尻切開がぴったりなのです。
また、目尻切開は目を大きくしたいという方だけでなく、たれ目にしたい、つり目を治したい、顔のバランスを整えたいという方にも効果的です。
目の横幅が狭くて悩んでいる方、目が大きく見えない方、目と顔のバランスを整えたいか方、そんな方は、目尻切開で理想の大きな目を実現しましょう。

切開

目尻切開とは、まぶたの目尻側の端を切開して、目の横幅を広げる手術です。
目の横幅が狭い方や、横幅を広げて大きな目にしたい方、寄り目やつり目を改善したいという方に適応する手術です。
目尻側の皮膚を3~5mm程切開しますが、傷はすごく目立ちにくくほとんどわからなくなります。
目尻切開は、目尻の白目が隠れている方には効果的なのですが、隠れている白目の部分が少ない方は手術をしてもほとんど効果を得られないため、注意が必要です。  
適応のある方は、数mm目尻の切開をしただけで、自然な印象で目が大きくなります。また、寄り目に悩んでいる方にも効果的で、目の横幅が広がるため、寄り目が目立たなくなり、顔と目のバランスも整うのです。
目の横幅を広げたい、切れ長の目になりたい、そんな方は目尻切開でぱっちりとした大きな目を目指せます。また、寄り目やつり目の改善にも効果的な手術です。

目尻切開の治療の流れ

目尻切開の手術から仕上がりまでの流れを説明します。
まず目尻切開の治療の説明などを聞きにクリニックを選び、カウンセリングに行きます。
手術をすると決めた場合は事前に感染症等を調べるために血液検査が必要になります。
手術当日は手術前に再度医師と手術の流れやデザインなどの最終確認をします。
目尻切開の手術は基本局所麻酔で行います。
まぶたの目尻の1番端の部分を数ミリ切開します。そこから上下の余分な皮膚をデザインに合わせて調整しながら切除します。結膜と皮膚を縫合して、目尻の縁に何本か糸を縫合し外側に引っ張ってテープで固定して終了です。テープ固定は1週間行います。
手術時間はだいたい1〜2時間程度です。
目立った腫れは3日くらいで、目元周辺に生じます。腫れのピークは翌日ですが、そこからだんだん落ち着き、1週間で7〜8割の腫れが引きます。
手術後の抜糸は7日目ですが、目尻の1番端の部分の抜糸は手術後10日目くらいで行う場合もあります。
傷の赤みは3ヶ月くらいで消えていきます。抜糸後もメイクをすればほとんど目立ちません。
目尻切開の完全な仕上がりは、個人差がありますが3〜6ヶ月です。

目尻切開のリスクと問題点

目尻切開は目を大きくする手術のひとつですが、誰もが効果を確実に感じられるわけではありません。目尻切開の問題点やリスクをしっかり理解し、手術を受けることが大切です。

・効果がない
目尻切開の手術をした場合、外見上の変化を実感できない可能性があります。
目尻切開は、白目の隠れている部分を数mm切開するのですが、白目の隠れている範囲が少ない方や白目の隠れている部分がほとんどない方は効果を実感できません。この手術は、適応不適応があるので、しっかり医師に判断してもらうことが重要になります。
また、目尻切開をして目の横幅を広げても、正面から顔を見たときに目尻側は見えにくくなるため、見た目的にあまり変化を実感できない場合もあります。
・後戻り
目尻切開の手術は、術後に後戻りが起きる可能性があります。
手術後、切開し広げた半分の長さは後戻りをしてしまうといわれております。広げた皮膚が元の位置に戻ろうとする力が働くことが原因です。また、皮膚の傷の部分に自然治癒力が働き、傷を治そうとコラーゲンが収縮して手術前の状態に戻ってしまったり、稀に手術前より目尻が狭くなってしまうことも起こる可能性があります。そのため、目尻切開の手術後、あまり効果が実感できないという声をよく聞きます。
・逆さまつげになる
手術によって、稀に逆さまつげになってしまう場合があります。
手術で結膜側ににまぶたが織り込まれると、目尻側が逆まつげになってしまうこともあります。上まぶたと下まぶたどちらに起こる可能性があります。
逆さまつげになってしまうと、目の角膜や結膜などの傷がつてしまい、痛くてかゆいなどの症状が出てきてしまので、再手術や逆さまつげの手術を行う必要があります。

目尻切開の料金相場

目尻切開の手術料金の相場は、35万円〜50万円程度です。

失敗しないクリニックの選び方

目尻切開は、誰もが適応する手術ではないため、しっかり医師に判断してもらうことが大切です。また、適応があっても切開できる限度があるため、人によってほとんど効果が見られないという方も多くいらっしゃいます。仕上がりに満足できない、思っていた仕上がりと違う、なんてことがないように事前のカウンセリングでデザインや仕上がりのイメージ、リスクなどをしっかり説明してくれるクリニック、医師を選ぶようにしましょう。
また、目尻切開は他の目元の手術と比べると、症例数が少ない手術です。そのため経験豊富な医師の手術を受けることがより効果を実感できると思います。未熟の医師によるトラブルは多く、ほとんど効果がわからない、傷跡が目立つ、皮膚を切除しすぎて結膜が見えてしまっているなどの失敗例が多くみられます。
手術の料金や有名なクリニックで手術を受けるところを決めるのではなく、経験豊富で技術力のある医師がいるクリニックに行きましょう。

関連記事一覧