鼻の整形

鼻尖形成

鼻の穴を見えづらくするために鼻先を少し下げたい、鼻先を上げてつんとしたアップノーズになりたい、鼻先を少し延ばしたい、そんな風に思ったことはありませんか?鼻先の形は鼻尖形成の手術でつくることができるのです! 
鼻先の形を少し変えるだけで、顔の印象は大きく変わってきます。鼻尖形成の手術は、丸い鼻を細くさせることに加えて、耳介軟骨を鼻先に移植するため、鼻先を上げたり下げたりと自由自在に形をつくることが可能です。
鼻先が丸くて鼻が大きく見えてしまう、鼻先が短くて顔とのバランスが悪いという悩みを抱えている方にもおすすめの手術です。
プロテーゼなどを使用せず、自分の軟骨を使用するため安全面でも優れているところがメリットです。

鼻尖形成とは、鼻先の余分な脂肪や組織を除去して細くしたり、軟骨を移植して鼻先の形をつくる手術です。丸くて大きい鼻先をシャープにし、軟骨を移植することによって、自分の希望する鼻先の形をつくることができます。
鼻尖形成では、自分の耳介軟骨を採取して鼻先に移植します。移植する軟骨の大きさで鼻先の長さや形を調整することが可能です。
鼻先の形を整えたいという方に適している手術で、例えば、鼻の穴が正面から見えてしまうため鼻先を下向きにしたい方や鼻先を上げてつんとしたアップノーズにしたい方などです。鼻先の形を整えることで顔全体のバランスもよくなり、より美しい印象になります。
また、自分の耳介軟骨を移植するので、プロテーゼなど異物を挿入することに抵抗がある人でも安心して受けれる手術です。

鼻尖形成の手術方法と仕上がりまでの流れを紹介します。

鼻尖形成は、オープン法とクローズ法の2つの手術方法があります。

・クローズ法
鼻の穴の内側を切開してアプローチしていく方法です。余分な脂肪や組織を除去して糸で軟骨を引き寄せて鼻先を細くし、軟骨を移植します。クローズ法は鼻の中を切開するため皮膚の表面に傷は一切つきません。

・オープン法
鼻柱を切開し、鼻の皮膚をめくり上げて左右の鼻の穴からアプローチをしていく方法です。
鼻翼軟骨を露出させて余分な脂肪や組織を除去します。オープン法は鼻の中を確認しながら脂肪や組織を処理し、軟骨の位置など正確に固定ができるため、より綺麗な鼻先の形をつくることが可能です。鼻柱に傷はできますが、ほとんど目立たなくなります。

鼻尖形成の手術から仕上がりまでの流れを説明します。
まず手術を受けたいと思ったらカウンセリングへ行きましょう。治療方法やどの方法で手術を行うかなどをしっかり話し合います。
手術をやると決めた場合は事前に感染症等を調べるため血液検査が必要になります。
手術当日は手術前にもう一度医師とデザインなどの最終確認を行います。
鼻尖形成の手術は局所麻酔で対応可能ですが、痛みが心配な場合は全身麻酔で行います。
鼻尖形成の手術は、2つの方法があり、状態や希望する鼻先の形でどちらにするか決めていきます。
まず、鼻の穴または鼻柱を切開してアプローチをしていきます。皮膚と軟骨の間にある脂肪を除去し、鼻翼軟骨を縮小したり切除したりして、左右の鼻翼軟骨を糸で引き寄せて縛って鼻先を細くし形を整えます。
移植する軟骨は耳の裏側から採取します。耳介軟骨は薄いため、重ねて使用することがほとんどです。移植する軟骨の大きさや向きで鼻先の形を調整します。最後にバランスを確認して、切開部分を縫合して終了です。その状態で癖をつけるために、手術後最低1週間は鼻先にギプスやテープをして固定します。固定や圧迫は腫れも軽減できるため大切です。
鼻尖形成の手術時間はだいたい1〜2時間程度です。
腫れは翌日がピークで、目立った腫れは2〜3日です。だんだん腫れは引き、1週間で7〜8割は落ち着きます。
傷口の抜糸は7日目〜10日後くらいで行います。
オープン法の場合、鼻柱の傷の赤みは3ヶ月くらいでなくなり、ほとんど目立たなくなります。
鼻尖形成の完全な仕上がりは、個人差がありますがだいたい3ヶ月です。

鼻尖形成のリスクと問題点

・効果を実感できない。
鼻先の皮膚に厚みのある方や皮膚の硬い方ですと、軟骨を挿入しても形をうまくつくることができず、仕上がりに変化を感じられない可能性があります。
また、軟骨を固定する位置や移植する軟骨が小さすぎたりすると、ほとんど効果を感じられない場合もあります。
大きな変化を望む場合には、耳介軟骨移植だけでは対処できない可能性があり、その場合は鼻中隔延長の手術が必要になってきます。
・左右差や形が気になる
元々の鼻の形や鼻の穴の形に左右差がある場合、手術をしても左右差が残ってしまうことがあります。
鼻の穴の大きさに違いがあったり、鼻が多少曲がっている方も少なくはありません。鼻尖形成の手術をしても、左右差を整えるのには限界があるため、完璧に左右対称の仕上がりを目指すのは難しいです。
また、手術の際に挿入した軟骨の方向が曲がっていたり、ギブス固定の圧力がかかりすぎることで鼻先が少し曲がってしまうトラブルも起こり得るます。
・移植した軟骨が浮き出る
鼻先の形をつくるために、無理して大量の軟骨を移植したり、固定する位置を間違えてしまうと、仕上がりの形が不自然になってしまいます。
大量に軟骨を移植してしまうと、かえって鼻先が太くなってしまう可能性もあります。また、皮膚の薄い人に大量の軟骨を移植すると、軟骨の輪郭が浮き出て目立ってしまうこともあり得るのです。
ただ多くを移植すればいいのではないし、移植をできる軟骨には限界があります。また、軟骨を移植する位置で鼻先の形や顔の印象が大きく変わります。軟骨を固定する位置に多少のズレが生じた場合にも、仕上がりに満足いかないということが多いのです。
こうした失敗を防ぐためにも、経験豊富で技術力の高い医師を選ぶことが重要です。

鼻尖形成の費用の相場

鼻尖形成(耳介軟骨移植)の手術料金の相場は、35万円〜60万円と幅が広いです。

クリニックの選び方

鼻尖形成の手術で仕上がりに満足するために重要なのは、クリニック選び、医師選びをしっかりすることです。
鼻尖形成は、自分の希望する鼻先の形を自由自在につくれるところが魅力的な手術です。また、自分の軟骨を使用するため安全性にも優れています。しかし、鼻尖形成は鼻全体のバランスを見ながら鼻先の形を整えなければ不自然な仕上がりになってしまうため、難易度の高い手術です。そのため、医師の技術力はもちろんセンスやデザイン性も必要になってきます。
また、未熟な医師での手術だと、傷跡が目立ってしまったり、軟骨が変形したり吸収されてしまったりするリスクがあります。
手術の費用や知名度でクリニックを選ぶのではなく、技術力のある経験豊富な医師のいるクリニックで手術を受けましょう。

関連記事一覧