鼻の整形

鼻の整形であなたはもっとキレイになれる!

鼻が低い、鼻先が丸い、鼻の穴が大きいなど鼻に対する悩みを抱えている人は決して少なくない。日本人の鼻というのは欧米人に比べるとかなり小さく(低く)、鼻先に丸みがあるのというのが多い。そのため鼻の形に対しコンプレックスを抱いる人もかなり多い。もちろん、整形までしようと考える人は決して多くはありませんが、コンプレックスや悩みとして捉えている人は二重まぶたの整形と同じくらいいるだろう。
ここでは鼻の整形について詳しく解説していきます。

鼻の整形

(鼻の方に対する悩み・コンプレックス)

鼻が低い 鼻筋が通っていない 鼻先が丸い
鼻が短い 鼻の穴が大きい 魔女鼻 など
これらの悩みは美容整形で解消することができる

鼻の整形について

鼻の整形でできること、鼻の整形における注意点についてアドバイスいたします。

● 鼻を高くする・鼻筋を通す

鼻を高くしたい、鼻筋を通すのは鼻にボリュームを足すことで鼻の高さを表現する必要があります。問題はどういった方法で鼻のボリュームを足すかということ。ヒアルロン酸を用いる方法、人工軟骨(シリコン)、自家組織(肋軟骨、鼻中隔軟骨など)を使って鼻の高さ・形状を思うままに形成します。

(主な手術) 隆鼻術

● 小鼻を小さくする

小鼻の広がりは、鼻翼軟骨の広がりや大きさが一番の原因。鼻翼軟骨を切除することで小鼻の広がりを解消し、鼻の穴を小さく見せることはできます。

(主な手術) 鼻翼縮小

● 団子鼻・鼻先の丸みを取る

団子鼻、鼻先の丸みは鼻の軟骨、結合組織、脂肪組織が付いていることで鼻先に丸みが出てしまっています。そのため鼻の整形では余分な組織を取り除くことが必要で、さらに軟骨同士を引き寄せたり、鼻翼軟骨や鼻中隔軟骨を使って鼻の形に変化を加えることであなた好みの丸みのない鼻に整形します。

(主な手術名) 鼻尖形成 鼻中隔延長

(鼻の整形で注意すべきこと)

鼻の整形手術はヒアルロン酸注射を除いては不可逆的なもの。基本的には修正・修復は困難なので元に戻すことはできないということを十分に理解した上で治療に臨む必要があります。また、術後の固定(ギプス等)期間もあり、ダウンタイム(日常生活への制限)も一定期間生じるためより慎重に手術を検討して下さい。

(クリニック選びのポイント)

鼻の整形は医者の技術が何より影響します。皆さんは医師免許を持っている医師だから全てがプロフェッショナルに思えるでしょう。しかし、現実は大きく違います。医師免許を取得し、まともな臨床経験もないまま美容外科に就職する医師が非常に多い。特に大手の美容外科はその傾向にあります。それは非常に危険なこと。
素人がメスを持つのと同じことです。まずは医師の経歴をしっかりと見ましょう。医学部を卒業し、2年は研修期間があります。その2年を形成外科等で経験を積んだと表記している医師もいますが、研修医期間で形成外科等基礎を学ぶことなんてできません。鼻の整形については少なくとも形成外科専門医を取得している医師であることを確認しましょう。

(最後に…)

鼻の整形に限らず美容整形に対し批判的な意見は決して少なくありません。しかし、キレイに変わることの何がいけないのでしょうか。もちろん、メンタルの強い人は見た目なんか気にしないかもしれません。しかし、自分に自信が持てない人は顔のパーツひとつで抱え込む悩みは誰よりも奥深いもの。
鼻の整形で自分に自信を取り戻し、生活を豊かに変えることができるのなら「鼻の整形」はあなたにとって何よりのプラスになるのです。何かしら批判する人は何にでも批判するもの。キレイになる勇気すら無いのです。鼻を整形してキレイになる!私たちはあなたのその想いを大切にしたいと考えています。鼻に対するコンプレックス、鼻の整形に対し何かしら相談したい方はどうぞ私たちにご相談下さい。

関連記事一覧