乳頭縮小

乳頭縮小

乳首の大きさや形は人それぞれ異なります。中には乳首が大きい、垂れている、変形しているのが嫌というコンプレックスを抱いてる方も多いでしょう。また乳首の大きさや形は、加齢や授乳の影響でだんだん変形してくる可能性があるため、どうにかしたいと思っている人も多いはず。そんなあなたの乳首の大きさや形のお悩みは乳頭縮小の手術で解消できます!
乳頭縮小で乳首を理想の大きさや形に整え、バランスの良い綺麗なバストを手に入れませんか。
コンプレックスは悩んでいても解決することはありません。美容整形で悩みを解消することはあなたの生活をより豊かにすることができるキッカケにもつながるのでお勧めです。

乳頭

乳頭縮小とは、大きくて垂れてしまったり変形してしまっている乳首を縮小し、形を整える手術です。胸や乳輪の大きさとバランスよく仕上げることが大切です。
もともと乳首だけが大きい方や、乳首が垂れてしまっていたり変形している方、左右差がある方などそれぞれ乳首の形で悩んでいる方は多いと思います。また、加齢で乳首が垂れてしまったり、授乳の影響で乳首が変形してしまったりという方も多くいます。
乳頭縮小では、その方の乳首の形や理想の形に合わせて余分な皮膚を切除し、乳首を縮小して形やバランスを整える手術です。
乳首を適度な大きさ、綺麗な形に整えて、バランスの良い胸を目指すことができます。乳頭縮小で、乳首の悩みを解決しましょう。

乳頭縮小の実際

乳頭縮小の手術方法ですが、乳首の大きさや形によって切除する皮膚の部分や傷のできる部分が異なってきます。乳頭縮小手術の実際の方法についてご案内します。

乳首の長さを短くしたい場合

垂れてしまっていたりする長い乳首を短く縮める方法です。
乳首の根本部分の余分な表皮のみを切除し、キノコのような形にさせます。乳首の切除されていない部分の皮膚を押し込み安定させて、乳房の皮膚と乳首を綺麗に付け根に沿って縫い合わせます。
切除した部分を乳房の中にもぐらせることで、乳首の長さが調整できます。
乳管を温存する方法なので、手術後の授乳には影響はありません。しかし、乳管を残すようにするため、十分に乳首を短くできない可能性もあります。

乳首の大きさを小さくする

乳首の直径を小さくする方法です。
乳首の上部または側面から余分な皮膚を取り除き、乳首を縮めて縫合します。乳首の周囲を小さくします。
この方法には乳管を温存する方法と切除してしまう方法があります。
乳管を温存する方法は、乳首の上部の皮膚を乳管を切除しないようにV字型に切り取って乳首の直径を縮めます。この方法ですと、手術後の授乳には影響ありません。
乳管を切除してしまう方法は、余分な皮膚が多い方や授乳を終えた方におすすめです。サイズを自由に調整することができます。
乳首の上部の入管部分を含む余分な皮膚をV字型に切除して乳首を小さくします。乳管は授乳以外には必要がないため、切除することには問題はありません。

乳頭縮小のリスクと問題点

乳頭縮小にもさまざまなリスク、問題点があります。どんな治療においてもリスクや問題点というのはありますが、治療を受ける前にその内容を知っておくことは術後の不安や疑問を解消することにもつながりますので、治療を受ける前に知っておきましょう。

[血流障害]

乳頭縮小の手術を行う上で1番気をつけなければならないのは、血流障害による乳頭壊死です。
乳頭の血流を傷つけてしまうと、血行が悪くなり、乳頭の一部または全体が死んでしまう可能性があります。手術後、乳頭の色が赤やピンクであれは問題ありませんが、白かったり黒かったりする場合は乳頭が壊死していることが多いです。
血流障害は未熟な医師によって多く起こるトラブルです。経験豊富な医師をしっかり選ぶことが大切です。

[左右差]

切除する組織や皮膚の量が左右で違うと、手術後左右差が気になってしまうことがあります。また、もともと乳頭の大きさや形は左右で形が違う場合が多く、なかなか同じ形に揃えるのは難しいため、手術後その左右差が残ったまま改善されない場合もあります。

[効果に満足できない]

乳頭の大きさや形が手術する前とほとんど変わっていないことです。切除する皮膚や組織の量が足りないことが原因で起こります。
また、乳管を温存する方法で手術をした場合、乳管を避けながら皮膚や組織を切除していくため、十分に取りきれない可能性があります。

[授乳への影響]

将来授乳をする方には乳管を温存する方法で手術を行うため、授乳へ影響が出ることはほとんどありませんが、誤って乳管も切除してしまうと授乳ができなくなってしまいます。未熟な医師、経験不足の医師によって起こるトラブルです。しっかり経験豊富な医師を選ぶことが重要です。

乳頭縮小の費用の相場

乳頭縮小の料金の相場は、25万円〜35万円になると思います。
乳頭縮小の費用で注意して頂きたいのは、実際にカウンセリングに行った時に提示される金額とホームページ等の料金の表記に差があるクリニックがあります。あくまで個人差と主張しますが、もしそうなのであれば”〜”と表示するでしょう。意図的に低価格、標準価格に見せかけて搾取するクリニックが増えていますので十分注意しましょう。

クリニックの選び方

乳頭縮小の手術は、目や鼻の整形手術に比べるとあまり行われない手術のため、未熟な医師や経験不足の医師によるトラブルが多いです。
乳頭には乳管や乳腺、神経など大切な組織があるため、気を付けながら皮膚を切除していかなければなりません。
また、ただ多くの皮膚を除去すればいいのではなく、胸や乳輪とのバランスや左右差、形などを見て整えながら仕上げることがとても大切です。
経験不足の医師による手術で、仕上がりに満足できない、不自然、傷跡が目立つといったようなトラブルをよく耳にします。さらに見た目的な問題だけではなく、乳管や神経にも傷がついてしまった、血行障害が起きて乳首が壊死してしまったなんてことがあったら大変なことです。
ただ料金が安いからとか今流行っていて有名だからといった考えでクリニックを選ぶのはやめましょう。
経験・実績がある医師を探して選び、しっかりお話しを聞き納得したうえで手術を受けることが大切です。

縮小を受けるならココ!!

美容医療に携わって30年の経験からお勧めする安心して乳頭縮小の手術を受けることができる美容外科、乳頭縮小の名医をご紹介します。

乳頭縮小の名医

関連記事一覧