セカンドオピニオン

セカンドオピニオンの重要性

セカンドオピニオン
美容整形で大切なのはセカンドオピニオン

セカンドオピニオンとは治療を受ける前に本当にその治療は正しいのか?自分の希望する仕上がりに対してその治療方法は適切なのか?ということをさまざまな医師に相談し意見を求めることを言います。

その治療は本当に自分にあってるの?その治療で結果はでるの?

医師によっても考え方や認識の違いも多い。ひとりの医師に頼るのではなく、さまざまな医師の意見を聞くことも美容整形において良い結果を出すためには必要なことです。
さまざまな情報を集めたうえで、医師の説明に疑問や納得ができない場合、あるいは判断に迷う場合は、他のクリニックの医師の診断を求めることが必要です。これをセカンドオピニオンといいます。美容整形は自己責任が大きく発生する医療です。一般的な保健医療はと大きく違います。安易なクリニック選びは今後の人生に大きな影響を与える可能性があるということを十分理解しておく必要があります。また、勘違いしてはいけないのは治療を行ってしまった場合、セカンドオピニオンとは言いません。治療を受けた場合は残念ながらご本人と治療を行った医師で解決する以外にはないのです。

セカンドオピニオン-おさえておきたい4つのポイント-

一般的な診療の分野では浸透しはじめてはいますが、美容整形の分野ではまだまだセカンドオピニオンを求めることをためらう人が少なくありません。しかし、美容整形こそセカンドオピニオンが重要なのです!

カウンセリングの当日に手術を決めない!
どんな治療法でも2~3クリニックの医師の診察を受け、正しい内容を把握する!
検査などを行った場合、検査の結果(レントゲンやCTなど)や血液検査の持ち出しの許可を得る!
同じ手術をするとしても、「どんなリスクがあるのか」「ほかに適した治療法を選ぶことができるのか」など知っておくことが重要!
治療を受けた後ではセカンドオピニオンとは言わない。治療はすべて医師の責任である。治療後に生じたトラブルや不満は主治医にぶつけること。

関連記事一覧