腋臭(ワキガ)

腋臭(ワキガ)の手術「反転剪刀法」

脇の臭いが気になる、、、臭いを抑えたい、、、そんな脇の臭いに悩まされている方は腋臭症の手術で臭いも悩みも解消できます。
汗をかくと脇から独特な臭いがするという方は腋臭症の可能性があります。
脇の臭いをどうにかしたい。臭いを少しでも抑えたい。と悩んでいる方は手術を考えてみるのも良いでしょう。
自分の脇の臭いに敏感になりすぎてしまうと人と会うこともストレスになってしまいます。周りの人に臭いが気づかれているか、臭いと思われてるかもと考えすぎてしまう方も多いのではないでしょうか。また、市販のデオドラントを試してみたけど、どれも効果ない、、、と悩んでいる方もいるはずです。腋臭症の場合は手術で臭いの元となる汗腺を切除しなければ改善されません。腋臭症の手術では、その汗腺を取り除き臭いを軽減、解消することができるのです。

腋臭症の

〜 反転剪刀法 〜

反転剪刀法とは

反転剪刀法は、脇の皮膚を5㎝程切開し、皮膚をひっくり返して皮下組織内の汗腺切除する方法です。 
この方法は腋臭症のレベルが中度から重度の方に適している方法です。他の治療方法では効果がなかった方やにおいを周りの人に指摘された方などはこの手術方法が良いかもしれません。においの元となる汗腺を目で直接確認しながら除去していくため、確実な効果を実感できます。そのため反転剪刀法は腋臭症の治療の中で1番効果的な方法なのです。
しかし、確実に汗腺を除去できる分、切開が大きくなるため、将来的にも傷が目立ってしまう可能性は否めません。傷をきれいに治すためには、術後の圧迫固定をしっかりすることが1番重要なため、ダウンタイムをしっかりとることが必要な手術です。

腋臭症の手術は、脇のにおいの元となる汗腺を除去し、脇汗のにおいを改善する手術です。
腋臭症とは、脇汗をかいたときに独特なにおいを放つ症状のことです。独特なにおいの汗は、アポクリン汗腺という汗腺から分泌されます。
このアポクリン汗腺に含まれている成分に細菌が繁殖し分解することで腋臭独特のにおいが発生します。
腋臭のにおいを改善するためには、においの原因であるアポクリン汗腺を切除しなければならないのです。
腋臭症の手術方法は、においの程度によって変わってきます。
今までボトックスをして汗を止めたけどにおいは抑えることができなかった方や市販のデオドラントでは全く効果のない方などは手術の適応があります。腋臭症の手術は、汗腺を手術で直接除去するため、においを根本から改善することが可能です。脇の臭いに悩んでいる方はにおいが気にならなくなった!と確実に効果を実感することができます。

反転剪刀法の治療法・流れについて

腋臭症の手術方法と仕上がりまでの流れを紹介します。
腋臭症の手術は、においの原因となるアポクリン汗腺を吸引する方法と脇の皮膚をひっくり返して直視で切除していく方法の2つがあります。その方のにおいのレベルなどに応じて手術方法を決定します。

・反転剪刀法
反転剪刀法は、脇の皮膚を5㎝程切開し、皮膚をひっくり返して皮下組織内の汗腺を直接目で確認しながら切除していく方法です。この方法は腋臭症のレベルが中度から重度の方に適している方法です。そのため反転剪刀法は腋臭症の治療の中で1番効果的な方法です。しかし、切開が大きくなるため傷が目立ってしまう可能性があります。傷をきれいに治すためには、術後の圧迫固定をしっかりすることが1番重要なことです。

腋臭症の反転剪刀法の手術から仕上がりまでの流れを説明します。
まず腋臭症の治療の説明などを聞きにクリニックを選び、カウンセリングに行きます。
手術をすると決めた場合は事前に感染症等を調べるために血液検査が必要になります。
手術当日は手術前に再度医師と手術の流れや注意事項などの最終確認をします。
反転剪刀法の手術は基本局所麻酔で行います。
両脇の皮膚を5㎝程切開し、その部分から皮膚をひっくり返して直接目で確認しながら汗腺を切除していきます。取り残しがないか確認して傷を縫合し終了です。反転剪刀法は汗腺を直接確認しながら除去できるため、確実性がある方法です。
術後はテープとガーゼで圧迫固定をします。この圧迫固定は傷をきれいに治すためにも非常に重要なため、3日〜7日間は安静が必要です。腕を大きく動かしたりすると腫れや痛みが長引いたり、傷が目立って残ってしまうことがあります。
手術時間はだいたい1〜2時間程度です。
痛みや腫れはだいたい1〜2週間くらいで落ち着いてきます。手術後の抜糸は7日目です。
傷の赤みは3ヶ月くらいでだんなん消えていきます。
においの効果は手術後すぐに実感することができます。反転剪刀法の完全な仕上がりは、個人差がありますがだいたい6ヶ月以降です。

反転剪刀法のリスクと問題点

反転剪刀法は、汗腺を確実に除去できるため、その分皮膚へのダメージや術後のリスクが高くなります。
手術で失敗しないためにも、術後に起こるリスクや問題点をしっかり理解しましょう。

・傷跡が目立つ
反転剪刀法は、傷が目立たないよう脇のしわに沿って切開するのですが、結構大きめの傷ができてしまいます。術後傷跡が広がってしまったり色素沈着してしまったりして目立って残ってしまう可能性があります。傷をきれいに治すには、術後の圧迫固定が非常に重要なになります。また、傷部分が炎症を起こしてしまい、色素沈着になってしまうことも稀にあります。
傷がどうしても目立ってしまい気になる場合は、レーザー治療や傷跡の修正手術で対応可能です。
・においが残る
汗腺の取り残しがある場合は術後もにおいが残ってしまう可能性があります。
反転剪刀法は、皮膚を大きく切開し直接汗腺を見ながら除去していくため、確実性があるのですが、完全に汗腺が除去されていないと、においが多少改善されていても、においがまだ気になるということもあります。
・安静が必要
反転剪刀法で手術を行った場合、術後最低3日〜7日は安静が必要になります。
術後、脇をガーゼで圧迫固定するのですが、これは傷をきれいに治すためや腫れや痛みを軽減するためにとても重要なことです。安静にせずに、腕を動かしたりしてしまうと、傷が広がってしまったりひきつれを起こしたりして傷がきれいに治らなくなってしまいます。また、安静にしないことで出血をしたり痛みが出たりすることもあるのです。そのため、反転剪刀法をする場合は安静にできる時間をしっかりつくって手術を受けることが大切です。
・代償性発汗
特定の部分で汗の量が減ることにより、他の部位の汗が増えることを代償性発汗といいます。
腋臭症の手術で脇の汗腺を除去することにより、その分の汗を他の部位で出して体温を下げようとする働きがあるため、稀にこのような症状がみられることがあります。脇のエクリン腺を除去した際に起きる場合が多いです。代償性発汗が起こりやすい部位としては顔や頭が挙げられます。
また、脇のにおいが抑えられ、他の部位の汗が増えることで、他の部位のにおいが気になってきてしまうと言う方も多いのです。

治療費用の相場

腋臭症の手術料金の相場は、35万円〜60万円と少し幅が広いです。注意していただきたいのは、保険診療で対応できるとうたいながら実際に診察に行くと保険対象外・適応外と言われ高額な自費診療をいまだにすすめてくる美容外科もあるので充分注意が必要です。

クリニックの選び方

腋臭症の反転剪刀法の手術で効果を実感したい、傷をきれいに治したいという方は、クリニック選びをしっかりすることが大切です。
勇気を持ってデリケートな相談をして、高額な手術料金を払ったにも関わらず、においが改善されなかったり、傷がすごく目立ってしまったらとても悲しいですよね。後で後悔しないように技術力のある医師やアフターケアをしっかり行ってくれるクリニックを選びましょう。
未熟な医師による手術を行った場合、汗腺が完全に除去されなかったためにおいが残ってしまったり、傷がきれいに縫合されていなかったり、術後のアフターケアの説明が不十分で傷が汚く残ってしまったというケースが非常に多いのです。
反転剪刀法の手術を考えている方は、しっかりと手術のリスクを理解した上で、クリニックや医師選びを慎重に進めることが重要です。

関連記事一覧