PRP

PRPで肌の美しさをメンテナンス

若々しい肌をつくりたい!肌を土台から綺麗にしたい!そんな風に考えたことはありませんか?その願いPRP療法で実現することができます!
PRP療法は、自分の血液中の血小板が放出する成長因子力で肌を再生する今とても人気の再生治療です。ヒアルロン酸はしわの部分に注入をして、溝を埋める働きがありますが、PRPは肌そのものを再生させる働きがあるため、肌の土台からの若返りが可能で、しわやたるみ、ニキビ跡など様々な肌の悩みを解消してくれる効果が期待できます。
ヒアルロン酸ではなかなか注入しにくい場所の細かいしわや肌のくすみ、ごつごつしたニキビ跡など、年々目立ってくる肌のトラブルに悩んでいる方は多いのではないでしょうか。老化が進んでいる肌にPRP療法を用いることで、老化を食い止め、肌の再生を促してくれるのです。
PRP療法で肌の若返りを実現し、様々な肌トラブルを解消しましょう。

PRP

PRP療法とは、自分の血液を採取し、その血液の中から血小板を抽出して、気になる肌のしわやたるみの部分に直接注入し肌を再生させて若返りを実現する治療です。
血液から抽出される血小板には、成長因子という体の細胞を活性化させる成分が含まれています。成長因子が肌機能の低下した部分に注入されることで、コラーゲンの生成が促進されて肌が再生し、内側から肌がふっくらし、しわなどが改善されるのです。さらに肌のハリやツヤなどもでてくるため、若い頃の肌に近づくことができます。
PRP療法はしわやたるみはもちろん、ニキビ跡や毛穴、肌のくすみや目の下のクマの改善にも効果が期待できるのです。
効果の現れは比較的ゆっくりで、徐々に肌が若返るのが実感できると思います。
肌そのものを若返らせたい、人にバレることなく若返り治療がしたいという方にはおすすめです。また、自分の血液を使用するため、副作用やアレルギーなどはなく、安全に受けることができるところがメリットです。

治療の流れ

PRP療法の治療の流れを説明します。
まずPRP療法を受けてみたいと思ったら、どのような治療なのか、どういった効果があるかなどを聞きにクリニックを選び、カウンセリングを受けに行きます。
PRP療法を希望の際は、カウンセリング当日に施術を受けることができます。検査等は特に必要ありません。
治療を受けると決めたら、どの部分にPRPを注入するか、どのくらいの量を注入するのかなどを医師と話し合います。
PRP療法は自分の血液を使用するため、血液採取を行います。採取する血液の量は、注入部位にもよりますが、だいたい10cc〜20ccです。
血液採取が終わったら、注入部位に表面麻酔のクリームを塗り、30分〜1時間程おきます。
その間に採取した血液を遠隔分離機を用いて、PRPを抽出し、注入の準備を行います。
麻酔のクリームを取り、老化の気になる部分にPRPを少しずつ何箇所かに分けて注入します。注入時間は15分〜30分程度で終わります。
施術後は注入部位が赤く腫れますが、2〜3日でほとんど赤みも腫れも落ち着きます。内出血が出た場合は、完全に消失するのに1週間程かかる場合があります。
ダウンタイムはほとんどなく、注入当日を避ければ翌日からメイクも可能です。その他には特に制限はありません。
PRPの効果は個人差もありますが、だいたい1〜2ヶ月程で徐々に効果が現れ始めて実感できます。
1回注入するだけでも効果はわかりますが、繰り返し行うことでより肌の若返りを実感することが可能です。

PRPのリスクと問題点

・効果が不十分
PRP療法は、体質の関係などもあり効果には個人差があります。そのため全く効果がわからないということもありえなくはないのです。
特に目の周りの細かいしわには効果が感じられたけど、法令線などのしわは変化がないということが多いです。
これは、自分の血液から抽出したPRPのみで、成長因子などの成分を加えないで注入すると起こりやすいトラブルです。
また、PRP療法はその方の症状に応じて、注入する量や位置や深さなどを見極めなければなりません。技術力のある医師が必要になる治療です。
・しこりができる
成長因子などの成分を加えたPRP療法を行った場合、注入箇所に稀にしこりができてしまう可能性があります。
しわを改善させたいからといって、成長因子の濃度を高めて注入すると効果が出過ぎてこのようなことが起こりやすくなります。
しこりは時間と共に解消されることがほとんどですが、稀にずっと残ってしまうこともあるのです。
・感染症
PRP療法は、血液を採取した後に遠心分離機などを使用するため、その際に血液に細菌が付着してしまったりすると感染症を引き起すことがあります。
ごく稀ではありますが、感染症が引き起こると肌が赤く腫れたり痛みやかゆみが出ることが多いです。

PRPの料金相場

PRP療法の料金相場は、注入部位数によっても変わりますが、だいたい1部位10万円〜20万円、顔全体だと40万円〜50万円程度です。

クリニックの選び方

PRPは手軽に施術ができるからといって、どこのクリニックを選んでも同じと思ってはいけません。手術と違ってダウンタイムも少なく、すぐに治療が可能ですが、もちろん失敗のリスクはあります。そのリスクを減らすためにも、クリニックや医師選びはとても重要です。
クリニックによっては、より効果を出そうとして、PRPに対してさらに成長因子などを添加しているところもあります。添加を過剰に加えると膨らみすぎてしまったりしこりができてしまうトラブルにつながる恐れがあります。そのため、そのクリニックの治療方法をしっかり確認することが大切です。
また、PRPの治療は技術力のある医師にしてもらうことも失敗をしないためのポイントです。気になる部位の状態やその方の皮膚の厚さや年齢などをみて、その方に合った量や位置、深さを調整しながら注入しなければなりません。ただ注入していくだけでは効果が全く感じられないということもあり得るのです。