眼瞼下垂

眼瞼下垂の手術か、切開法で二重まぶたにするのか悩んでいる。

20代の頃から埋没法を何度か繰り返してきて、今40歳になり、ついに切開で二重をつくろうと考えています。少し皮膚のたるみがあるので除去してまぶたをすっきりさせたいと思っているのですが、40歳という年齢的にただの切開法ではなく眼瞼下垂の手術を受けた方がいいのか悩んでます。また、何年後かに眼瞼下垂の手術をするなら今のうちに手術を受けた方が良いのでしょうか?特にまぶたが重い、開けにくいなどの症状はありませんが、目はできるだけぱっちりと大きくしたいです。

将来の予防的に眼瞼下垂の手術を受けるということはお勧めしません。
大切なのは今どうするかということです。二重にするという目的が主であれば、切開法で二重まぶたにすることが望ましいでしょうし、今よりも黒目を強調したい、目力のある印象に変わりたい、開き具合を改善したいということであれば「眼瞼下垂」の治療を受けられることが望ましいと思います。いずれにせよ眼瞼下垂の手術というのは予防的に受けるものではありません。

埋没法とは

埋没法とは、糸で瞼板と皮膚とを結びつけて二重まぶたにする治療法。二重瞼の代表的な手術です。糸で止めるだけですので大きな腫れや傷跡の心配をすることなく手軽に受けることができるのが大きな特徴です。

埋没法についてもっと詳しく

二重瞼の手術を受けた後、何年後かに眼瞼下垂の手術は可能か?

二重瞼の手術を受けた後、それは埋没法でも切開法でも同じですが、数年後に眼瞼下垂の手術を受けるということは何ら問題となることはありません。ただし注意をしないといけないのが、埋没法+脱脂術を併用した場合です。脱脂術というのは眼窩脂肪を除去する治療ですが、切開法の場合、眼窩脂肪を覆っている眼窩隔膜を目視下で処理しますので基本的には大きな影響を及ぼすことはありませんが、埋没法での脱脂術は眼窩隔膜を見て治療する訳ではありませんので、想定外の癒着を引き起こしている可能性があります。
そのため将来的に眼瞼下垂の手術を受けようと考えている方、軽度の眼瞼下垂がある方などは、埋没法+脱脂術は避けた方が望ましいでしょう。

また、何度も埋没法を繰り返している方などは眼瞼下垂の手術で重要な挙筋腱膜や、眼窩隔膜を傷つけているケースも多いので、繰り返しの埋没法は避けるべきです。一部のクリニックでは無責任に永久保証、無制限に埋没法のかけ直しなどを謳っていますが、現実的に埋没法を繰り返す行為というのは実は非常に危険なことなのです。
治療を受ける側からすれば永久保証、何度でもかけ直しが可能というと安心してしまいますが、実際には悪影響を及ぼすリスクが非常に高く、最悪の場合、眼瞼下垂の手術がきちんとできないという可能性も否定はできません。
永久保証、無制限のかけ直しなどを謳っている美容外科は要注意しましょう。

関連記事一覧