吸引法

軽度の腋臭なら傷跡の心配がない「吸引法」で解決できる

脇がにおう、少しでもにおいを抑えたいけど大きな傷をつくりたくない、そんな悩みを抱えている方は腋臭症の吸引法の手術がおすすめです。
普段は特に気にならないけど、夏場や汗を少しかいたときにふわっと独特なにおいがする、、、周りにもにおってるかな、、、と不安になることがありますよね。制汗剤や市販のデオドラントも効果ないし、でも恥ずかしくてなかなか誰かに相談もできないと悩んでいる方もいるのではないでしょうか。手術といっても脇に大きな傷をつくって手術をしたことがバレてしまうのも嫌と思っている方も多いです。
吸引法は脇に数㎜程の切開で汗腺を吸引していきます。小さい傷でにおいの原因となる汗腺を除去できるため、においが確実に改善されるのです。また傷もほとんど目立ちません。
少しでも匂いを抑えたい、汗をかいたときのにおいを改善したいという方には最適な治療です。

腋臭症の

〜 吸引法 〜

吸引法とは、脇を切開してその部分から吸引管を挿入し、汗腺を吸引していく方法です。この方法は腋臭症のレベルが軽度から中度の方に適しています。においを少し抑えたいという方にもおすすめです。
脇の皮膚を5㎜〜1㎝程切開し、その部分から吸引するためのカニューレ管を入れて汗腺を吸引していきます。傷跡は小さく、脇の皮膚への負担も少なくて済みますし、仕上がりの傷もほとんど目立たないことがメリットです。しかし反転剪刀法に比べると効果は劣ってしまいます。においのレベルが軽度から中度の方や少しにおいを減らしたいという方であれば効果に満足できると思いますが、重度の方がこの方法を行ってもにおいは改善されない可能性が高いです。

吸引法の治療の流れ

腋臭症の吸引法の手術から仕上がりまでの流れを説明します。
まず腋臭症の治療の説明などを聞きにクリニックを選び、カウンセリングに行きます。
手術をすると決めた場合は事前に感染症等を調べるために血液検査が必要になります。
手術当日は手術前に再度医師と手術の流れや注意事項などの最終確認をします。
吸引法の手術は基本局所麻酔で行います。
両脇の皮膚を5㎜〜1㎝程切開し、その部分からカニューレ管を挿入します。そのカニューレ管を使用しまんべんなくにおいの原因となる汗腺を吸引していきます。その後切開部分を縫合して終了です。吸引法は傷が小さいため、脇の皮膚に負担が少ない方法です。
術後はテープとガーゼで圧迫固定をします。この圧迫固定は3日〜7日間しっかり行うため安静が必要です。
手術時間はだいたい1〜2時間程度です。
痛みや腫れはだいたい1週間くらいで落ち着いてきます。手術後の抜糸は7日目です。
傷の赤みは3ヶ月くらいで消えていきます。傷も小さくわきのしわのようになり、ほとんど目立たなくなります。においの効果は手術後すぐに実感できます。吸引法の完全な仕上がりは、個人差がありますが3〜6ヶ月です。

吸引法のリスクと問題点

吸引法は傷を最小限にし、脇のにおいを改善することが可能な方法です。しかし、反転剪刀法に比べると効果が劣る部分があります。手術を受ける前に、しっかり自身の腋臭症のレベルを見極め、手術のリスクや問題点を理解することが大切です。

・再発してしまう、効果を感じない
汗腺の取り残しがある場合や元々重度の腋臭症の方は、術後もにおいが残ってしまう可能性があります。
反転剪刀法のように大きく切開をし、直接汗腺を見ながら除去していく場合は確実性があるのですが、吸引法は手探りの作業になってしまうので確実に全ての汗腺を取り除くことが困難な場合があります。汗腺が残ってしまうと、においは多少は改善されますが、手術をしてもにおいが気になってしまう場合があります。また、重度の方がこの方法で手術をしても、ほとんど改善されない可能性もあります。
・傷が目立つ
吸引法の手術の場合、皮膚の切開は数㎜のため、傷はいずれほとんど目立なくなります。しかし、術後の圧迫固定が不十分だったり、傷の治りが悪い場合は傷が目立って残ってしまう可能性があります。術後、安静にせずに腕を動かしたりすると傷は広がり目立ってしまうため、圧迫固定はとても大切です。また、未熟な医師による縫合で傷が汚く残ってしまうこともありえるのです。

クリニックの選び方

吸引法の手術を受ける際に重要なことは、技術力のある経験豊富な医師を選ぶことはもちろん、自分に合った治療法を見極めて、手術についてのリスクをしっかり話してくれる医師やクリニックを選ぶことが大切です。
吸引法は小さな切開で完成を取り除くことが可能で、正しく手術を行えば効果もしっかり実感できる治療ですが、汗腺が全く除去されていなかったり、重度の方がこの方法で行ったりすると効果を感じられない場合があります。目で直接汗腺を確認できないため経験と技術力が必要です。また、この方法では効果のない方にこの治療をすすめてしまう未熟な医師もいるのです。
腋臭症の手術を考えている方は、適当にクリニックを選ぶのではなく、手術の経験豊富な医師がいてアフターケアなどしっかり行ってくれる信頼できるクリニックを選びましょう。

関連記事一覧